アイスのカロリーって気になるから、食べる時に罪悪感がある時ありませんか?でも、この記事を見ていただけたら、もしかしたら、今までの概念が崩れるかもしれませんよ。アイスダイエットのポイントをいくつかご紹介します。

アイスダイエットとは?

アイスダイエットとは美味しいアイスを食べてダイエット効果を得ること!

単純にアイスを食べてダイエットを目指す!という簡単なダイエット方法です。アイスを食べる時間帯、アイスの選び方などいくつか方法がありますので、これから紹介していきます。

アイスダイエットが効果的で痩せるといわれる5つの理由

1.適度な脂肪分を摂取できる

通常ダイエットしている方は、ほとんどが脂肪を多く含む食品を避けています。その結果として「不足した脂肪分を補うために、摂取した食品や栄養分を溜め込む」という最悪の体質になってしまうのです。これが、リバウンドの原因ですね!

人間の体は、最低でも1日55gの脂肪分を摂取しないと健康を維持できないと言われています。そんな時に高脂肪アイスクリームを食べれば、たった少量でも必要な脂肪分を摂取できます。高脂肪アイスクリームは味覚的にも満足度が高いので、比較的適度な量に抑制できて、そのうえダイエット中の嬉しいご褒美的な存在となることでしょう。

2.食べてもすぐエネルギーになる

アイスクリームを食べて冷えた体を温めようとエネルギーを使い脂肪を燃焼するという理由から、ダイエットに効果があると言われています。

アイスは一般的に太ると思われがちですが、小麦粉(=炭水化物)を含むケーキやクッキーなどのおやつに比べて、乳脂肪と糖分だけのアイスクリームは血糖値の上昇が穏やかです。

乳脂肪には食べるとすぐにエネルギーに変わるものと、体内に脂肪として蓄積されるものの2種類がありますが、アイスダイエットに向いているアイスクリームに含まれる乳脂肪は、食べるとすぐにエネルギーに変わる方のため、すぐに消費されて食べても太りにくいといわれています。

そして、アイスクリームに含まれる「乳糖」は、体重や内臓脂肪・皮下脂肪の増加を抑えることがわかってきており、バニラにも体重減少の効果があるそうです。

3.カルシウムがたくさん含まれている

高脂肪アイスクリームには、カルシウムやビタミンなどの栄養分が豊富に含まれていますので、栄養不足になりがちなダイエット時には適した食品だと言われています。

ダイエット中はイライラしやすくなっているので、カルシウムが精神を安定させるの助けてくれ、リバウンド防止にもなります。アイスダイエットに向いている高脂肪アイスは栄養価が高く、空腹を感じにくいそうです。

通常食事制限などのダイエットでは、結果栄養が不足したりして脂肪不足の状態は空腹の原因になるそうです。ダイエットをすると辛くて挫折してしまう理由もこれでわかる気がします。

4.アイスダイエットは空腹を感じにくいダイエット

アイスダイエットに向いている高脂肪アイスは栄養価が高く、空腹を感じにくいそうです。通常、食事制限などのダイエットでは、結果栄養が不足したりして脂肪不足の状態は空腹の原因になるそうです。

たしかに、高脂肪アイスクリームを食べたあとは満足感があり、氷菓アイスなどに比べると「もっと食べたい」という欲求が少ないかもしれません。今まで、ダイエットをした時、空腹に耐えられずに辛くて挫折してしまってた理由もこれでわかる気がします。

5.アイスの糖分は他のスイーツに比べて低い

ダイエットというと間食ってしたくなりますよね?今回のアイスダイエットの理屈とも関係がありますが、デザート【甘いもの】が食べたくなったらケーキやプリンを摂るより、 アイスクリームを食べたほうがいい!と私は思います。

そして、ごはんがモノ足りないなぁと思ったときは、アイスクリームで補っちゃおう♪ということです。
アイスの糖分は、和菓子と比べても糖分がかなり少なくてカルシウム、ビタミンなどが豊富に含まれているので、適量であればダイエットに適した食品だと思います。

ちなみに他のスイーツと比べると【含まれる糖質の量】は、 アイスクリーム1カップ(18g)、大福1つ(25g)、ドーナツ1つ(21g)、板チョコ1枚(27g)、ご飯茶碗1杯(55g)です。いかがですか?
ちょっと驚きの意外な結果ではありませんでしたか??

アイスダイエットのやり方

1.朝にアイスを食べるだけの簡単ダイエット

朝アイスを食べるダイエットとは??それは、朝の食事をアイスに置き換えてダイエットをすることです。アイスは栄養価も高く、カルシウムも入っていて栄養のバランスもとれている食べ物なので、朝食にアイスを食べるのは体にとってもいいことだそうです。

朝起きて100gほどのアイスクリームを食べましょう。朝イチというのがポイントです!朝から体に必要な栄養素を取り込み体を冷やす事で、代謝のアップに繋がります。冬は少しつらいかもしれませんが、好きなアイスを食べて痩せるなら絶対に試したいダイエット方法ではありませんか?

本当に簡単なダイエットですね!朝起きて100gのバニラアイスを食べるだけ♪料理もしなくて良い♪これは試す価値はありそうです。それ以外の時間は絶対に食べてはいけません!期間は1ヶ月程度を目標に続けてみましょう。

朝アイスを食べることによって、朝から脳が活発になってエネルギーを消費することができるそうです。少し前に、朝食を食べない世帯が多くなったという情報をTVで見たことがあります。学生に関わらず、社会人など大人たちも朝食抜きの方が増えているそうです。

朝何も食べなければ、脳は活発に働かず学生や社会人には非効率的ではないでしょうか?朝食を食べないと頭がぼーっとした感じになるのは、脳がエネルギー不足の為にうまく働かないからです。

さらに、朝食を食べないのが太る原因の一つとなっているのは、今では常識となりつつあります。
忙しい朝でもアイスなら時短になりますし、こんな簡単な方法で朝から脳が活発に働いて、さらにほっそりになれるとしたら、こんな嬉しいことはありませんよね!

アイスは、食べた後の血糖値の上がり方が緩やかな食品です。そういう意味からも、アイスクリームは朝食に適しているといえるのでしょう。

そして、朝のアイスダイエットで効果的にするには、乳脂肪分12%以上のバニラアイスを選びましょう。ただ、いくら美味しいかといって食べすぎには注意しましょうね!!

2.アイスダイエットで工夫すれば◎ダイエット中の過度な我慢は禁物!

ダイエット中でも甘いものを食べたくなる時はありますよね。そんな時、我慢しようとしてイライラ…。ストレスを溜めるのは良くないからと理由をつけ、罪悪感を持ちながら少しだけ食べちゃおう!と一大決心した時、どんなアイスを食べるべき?と悩みますよね!

アイスはダイエットが成功した後と我慢していて、ストレスが一気に爆発すると暴飲暴食してしまうこともあるので、時々は自分を甘やかしても良いのではないでしょうか?日頃頑張っている自分にご褒美日は必要ですよね♪

では、ダイエット中にはどんなアイスを食べればいいでしょうか?
ダイエット中の方におすすめするアイスは、断然「氷菓」と記載があるようなシャーベット状やかき氷のアイスです。チェックするべきところは、容器に記載されている乳固形分3.0%未満というところです。

あともう一つのコツは、6個入りなどの箱に入った通常より小さめのアイスが入っているタイプを買ってみたら良いと思います。そうすれば、どうしてもバニラアイスなどのクリーム系のアイスが食べたいときには非常に助かります。

私は自分に甘く誘惑に勝てないので、最初から小さいタイプだと1個は1個なので満足できます。通常のサイズを半分だけ食べて半分は残すというコントロールを自分でしなくて済むからです。

アイスを食べるタイミングや、アイスの種類や量をちゃんと考えれば、ダイエット中でもアイスを食べることができちゃいます。こんな工夫もダイエットには大切ですよ!

アイスダイエット効果をより高める5つの方法

1.アイスの種類がポイント

アイスに種類があるのをご存知でしたか?もし知らない方はアイスの容器を見てもらえば分かりますが、種類別が書かれています。乳固形分と乳脂肪分の量によって分類されているそうです。

そこで選ぶのは、アイスクリームとなっている物を選びます。そして乳脂肪分が12%以上の物が特にオススメです。できれば同じ高脂肪アイスクリームでも、他の味がついていないバニラアイスの方がいいですよ。

氷菓はカロリーこそ低めですが、乳脂肪分がほとんどないので満足感が得られにくく、本気でアイスクリームダイエットをしている方には向きません。

また、ラクトアイス・アイスミルクは植物性脂肪が多く使われていたり、糖分が多かったりするので意外と高カロリーだったりするのです。私もこれを知ったとき意外でした…。

ここで、注意したいところは、低脂肪のアイスです!!コクがあっておいしく感じるように、多くの人口甘味料や砂糖などが使われている場合があるようで、そのため食べた後にもっと甘いものがほしくなってしまう恐れがあるそうです。

2.アイスダイエット、おやつで食べる

アイスダイエットには、おやつで食べる方法と、朝か昼の置き換えで食べる方法があります。

間食としてアイスを食べるのであれば、昼食と夕食の間にあたる午後3時~5時が良いでしょう。これはアイス以外でもいえることですが、太る原因のひとつには食べ過ぎによるカロリーオーバー、または寝る前など太りやすい時間帯に食べていることがいえると思います。

3.アイスは食後にもOK!

アイスダイエットは 食後でも大丈夫です。食事の食べる順番を守って、アイスも血糖値の上昇が緩やかになっている後であれば、それだけダイエットにも影響が出にくい!といえますね。

食事もしっかり摂っている後なので、そんなにたくさん食べれない!という、抑止力にも繋がりますよね!高脂肪アイスは、カロリーを即エネルギーとして使用してくれるので、そのあたりも他のスイーツより効果的といえます。ただ、その後少しは動きましょうね!

4.アイスダイエット、バニラの香成分

バニラアイスクリームに含まれる香成分のバニリンには、肥満予防効果を高め体重を減少させる効果があると言われているそうです。よくお店のデザートで、アイスクリームが出るのは、油をよく使う料理の場合、それを抑える効果があるからともいわれています。

5.アイスダイエットするなら商品を賢く選ぶ!

アイスダイエットによる効果としては、フレーバーによる差はあまりないので、フレーバーは好きなモノを選び、ゆっくり食べて満足度を上げましょう!

※空気の量が多いソフトクリームは、カロリー控えめで比較的安心で食べごたえもありオススメです。

アイスのカロリーは?

100gあたり大体180キロカロリー

おいしくて、癒されるアイスですが、やっぱりダイエット中はカロリーが気になりますよね!では、気になるそのカロリーは?

アイスのカロリーは、100gあたり大体180キロカロリーとなっています。カロリーの数値だけを見れば、決して低カロリー食品とは思えませんが、アイスを食べると、人間の体は一旦冷えます。その冷えた体温を戻そうとしてカロリーをより消費しようとする働きをするので、実際に体内に蓄積されるカロリーは少なくなると言われています。

ただし、前述にも出てきた通りアイスにも種類があり、ラクトアイスやアイスミルクなどの製品は、糖分が多かったりするのでカロリーは高めと考えた方がいいでしょう。

アイスダイエットのおすすめレシピ2選

唐辛子がアクセント

冷たいアイスを食べるとどうしても体が冷えてしまうものですが、七味唐辛子を加えることによって体の冷えをおさえることができます。体が冷えると冷えた体を温めようとエネルギーを使い脂肪を燃焼する働きもありますが、体をあたためてくれる効果のあるスパイスがさらに効果を高めてくれることになるでしょう。

寒い冬の時期には特に良いかもしれません。アイスとスパイスは合うの?と思われると思いますが、これが慣れてくるとやみつきになりますよ!1度観光に行ったところのジェラート屋さんでもトウガラシがトッピングされた似たようなアイスがあったのを見たことあります♪

ハーゲンダッツをアレンジ

容器のいちばん下に、ナビスコリッツ手で砕いたのを入れる。その上にハーゲンダッツ(マカデミアナッツ味)バニラ味でもOK!そしてヨーグルトをかけます。冷凍のブルーベリートッピングして出来上がり。
少しの時間、冷凍庫にいれておくと、ヨーグルトが少しシャリシャリして違う食感が楽しめたりもします!

まとめ

もちろん効果には個人差があると思います。今回は、アイスダイエットを紹介してみましたが、簡単で美味しいので比較的続けやすいダイエットですよね!まさか、アイスクリームにこんな効果があったとは驚きでした!

ちょっと今まで損した感じです。ともあれ、試してみる価値はありそうですね!よかったら是非試してみてください♪