チーズと言えばワインのお供やオードブルなどに良く食べられることが多いですよね。味わい深くて後引く美味しさから、どんどん食べたくなっちゃうけど…沢山食べたらやっぱり太っちゃうわよね?と、本当は大好きなチーズなのに、ついつい敬遠しがちに。でも待って下さい!チーズにはダイエットに効果的な驚きの秘密が隠されているんです!

チーズでダイエットの基本的な考え方

チーズは実に紀元前数千年前、約6000年以上前から存在していた食材です。日本には6世紀の仏教伝来と共に伝えられてきたと言われています。このことだけ見ても、チーズがどれだけ歴史があって伝統的な食材か、という事がお分かり頂けるでしょう。このように伝統的な食材には、少なからず健康や美容にいい、という考えが流れているので、長い歴史の中途絶えることなく現在まで伝えられてきているのでしょう。

巷では様々なダイエットが提案されていますよね。その中でも「単品ダイエット」と言われるある一つの食材だけを決まった期間食べ続けてダイエット効果を狙うというものがあります。もっとも有名な単品ダイエットと言えば、リンゴやバナナ、こんにゃく、おからなどではないでしょうか。大抵の単品ダイエットって、結局は体にいい、ダイエットに効果的…と言われる低カロリーな食材などをただ、単品で食べればいいというのが基本的な考え方なんですね。

ここで共通している単品ダイエットに選ばれている食材というのは、ダイエットに効果的と言われる「低カロリーな食材」という所。そんな常識が頭の中にある場合、チーズでダイエットと聞くとまず一番に気になるのはカロリー、そして脂肪の多さではないでしょうか。でも、チーズダイエットは実際に存在していて、その成功例も挙げられているんです。

チーズダイエットはどんな所がダイエットにいいの?

チーズダイエットが効果的!と言われている理由としては、チーズに含まれている沢山の栄養素と発酵作用、実は太るどころか脂肪燃焼にも一役買ってくれるところなんですね。チーズと言えば主食よりもおつまみのイメージが大きいですよね?ようするに、そんなにバクバク食べるような食べ物、として考えられていないことにあります。おつまみ的にちょっと食べればすぐにお腹が膨れてしまうでしょう?

チーズをダイエットに利用しよう、という考えの元になっているのはそこの部分なんですね。
いわゆる、単品ダイエットとは違ってチーズのみを食べて痩せる効果を期待するのではなく、普段の食事を腹八分目に抑えながら、「チーズを毎食前に食べることを習慣づけてみる」というダイエット法なんです。

腹持ちがいいので、結果的に全体の食べる量を自然に減らせるという所が狙いなんですね。
また、チーズに含まれる栄養素、ビタミンB群やカルシウムによる、脂肪燃焼、暴飲暴食を防ぐ効果や、乳酸菌による腸内環境の改善や便秘予防と解消などが、ダイエットに効果があると言われている理由なんです。

チーズダイエットの最強助っ人はこの3つ!

チーズダイエットの効果を存分に引き出してくれる最強の助っ人と言えば、健康食品の代表である発酵食品というところ。そして、良質なたんぱく質を豊富に含んでいる上に脂肪燃焼に効果的なビタミン。牛乳をギュッと凝縮したチーズですからカルシウムもたっぷり含まれているので、イライラして暴飲暴食などのメンタル面改善にも効果を発揮してくれるところでしょう。

このように、様々な助っ人の相乗効果によりダイエットが実現できるわけですね。
それではこれらについて、一つずつじっくり見ていくこととしましょう。

発酵食品のダイエットパワーとは?

発酵、と聞くと何となく食べ物が腐っているのでは?という印象を受けますよね。特にチーズは作る過程でわざと青カビを繁殖させるブルーチーズなどもあるくらいです。このようなチーズは物凄く独特の匂いがしますよね。でも、実際に発酵とは微生物(菌・酵母)によって有益な方向へ変化することを指します。食べ物が発酵すると匂いや形が変わったりしますが、発酵に使われる菌はいわゆる腐敗菌とは違います。

チーズの場合も発酵する事により酵素が発生、牛乳に比べて体内でカルシウムを吸収する率が高まるのです。また、微生物の働きはチーズの風味を格段に良くしてくれます。チーズの濃厚な味は全て発酵により生まれるものなんですね。しかし、この味が苦手とか、特に独特の匂いがどうしても駄目だ、という方もいるでしょう。発酵するとグルタミン酸という特殊な旨みが強くなります。これがイコール個性的な匂いと関係してくるのですね。

発酵食品、チーズには脂肪が蓄積されるのを防ぎ、新たに作られるのを抑えてくれる働きをする必須アミノ酸や、エネルギーの代謝を高めてくれるビタミンB群を豊富に含んでいます。また、乳酸菌は便秘解消に効果があるので、宿便などによる腸内環境の乱れを整えてくれることから、ダイエットにも効果が期待できると言えるでしょう。

良質なたんぱく質は肉だけではありません!

健康的にダイエットをするためにはカロリーを極端に減らしたものや、野菜や果物だけを食べたり、ある特定の食材だけを食べる単品ダイエットなどをしていたら、栄養も満足に摂れなくて、例え痩せたとしてもやつれたようなぎすぎすした痩せ方になってしまう事は間違いないでしょう。

そんな痩せ方は肌はしわしわ、ガサガサになってしまい女性にとって魅力的ではないですし、なんと言っても栄養が足りないわけですから内臓までも蝕まれて足腰が弱くなったり、重篤な病を引き起こす原因ともなりかねません。そんなことを防ぐ為にも、ダイエット中でもたんぱく質をしっかり摂ることは重要となってきます。

たんぱく質は肉・魚・卵・乳製品・大豆製品などに多く含まれていることは良く知られていますよね。
その中でも乳製品チーズに含まれるたんばく質には、体内で生産されない必須アミノ酸が豊富に含まれているのが特徴です。また肉や魚、卵などに比べると体内での消化率がほぼ100%なので、チーズの脂肪などもあっという間に消化されてしまい、蓄積されることがないと言えます。
こういうところもチーズがダイエットに効果的と言われる所以なのですね。

ビタミンB6とB2のダブル作用でにっくき脂肪よバイバイ!

チーズがダイエットに効果的と言われるビタミンで主要のものに、ビタミンB2とB6があります。
リボフラビンとも呼ばれているビタミンB2は、脂肪や糖質、たんぱく質などを分解して速やかにエネルギーに変えてくれながら、代謝を上げる効果もあるんです。またビタミンB6はナトリウムとカリウムのバランスを調整して血の流れを良くする働きがあります。よって代謝を上げて汗を出やすくしてくれる、冷え性の改善に効果が期待できることから、これら2つのビタミンは総じて代謝をアップさせ脂肪を燃焼してくれるというわけなんです。

ダイエットをしていく上で体が冷えている状態、というのは致命的な事となります。なので、少しでもダイエット効果を高めたかったらまず、冷え性を改善することが近道となるのです。身体がポカポカして代謝がグン、と上がれば、おのずと脂肪燃焼にも効果が出てダイエットしやすい体となるでしょう。

脂肪減少効果の実証!ラットの実験結果とは

チーズを食べると脂肪燃焼効果があるのか?という実験をラットによって行った記録があります。

先ず、2匹のラットに通常より20%ほどカロリーの高い食事を与えるようにすることが前提です。そのうち片方のラットにはチーズを混ぜて与え、血清中の中性脂肪やコレステロール値を8週間に渡り測定するという実験です。この時に使われたチーズは芳醇ゴーダチーズでした。

その結果チーズを混ぜて与えたラットの方が血中の中性脂肪、コレステロール及び内臓脂肪が減っていたことが確認されました。通常、脂肪細胞を含む脂肪が増えると、アディポネクチンというホルモンが減るのですが、チーズを与えられていないラットの方はこのホルモンが著しく減少していたことがわかったのです。つまり、高カロリーの餌のみを食べ続けたラットは、確実に脂肪が増えていたという事ですね。一方チーズを与えられていたラットの方は、このホルモンバランスが一定したままだったのです。

チーズが脂肪減少に効果が期待できる実験、具体性があって面白いですね。
是非、人間でも試してみて欲しいものです。

ダイエット以外にもこんな効果があるチーズの凄さ

ダイエット時のイライラを撃退!

チーズに含まれる栄養素がダイエットに効果を発揮してくれることは良くお分かり頂けたと思います。
その他にも、チーズと言えば牛乳を凝縮したものであることからカルシウムが豊富に含まれていることが知られていますね。このカルシウムは人間の体の中で最も多いミネラルの一種となるのですが、骨や歯の成分として存在しているだけではなく、血中や神経、筋肉などにも存在しているのです。

特にこの血中に存在しているカルシウムを機能カルシウムと呼びますが、このカルシウムは体の調整機能を安定させ、興奮や緊張を緩和したり、イライラするなどの精神症状を改善する効果も発揮します。
ダイエットの時にイライラしてドカ食いしてしまうなどの暴飲暴食を防ぐ役割も勿論ありますが、その他にも高血圧の予防、動脈硬化を防ぐ働きもあるので見逃せない栄養素と言えます。

尚、カルシウムは単体では腸から吸収されることの難しい栄養素なので、効率よく吸収させる為にはビタミンDが必要不可欠です。ビタミンDは紫外線に当たると体内で作られるビタミンなので、積極的にウォーキングするなどしてみると、運動効果もありいいのではないでしょうか。

抗酸化パワー!アンチエイジングならおまかせ!

チーズはダイエット効果の他にも美肌にも効果が期待できることが良く知られています。特にビタミンAを豊富に含んでいるので、皮膚、粘膜の免疫力を高め抗酸化作用が期待できます。また、カルシウムは高血圧・動脈硬化の予防を促すことからも血管を綺麗に保ってくれる効果があり、結果アンチエイジングに繋がるのでしょう。特に、青カビを利用したブルーチーズには高い抗酸化作用があります。その為チーズの種類にこだわってみるのも、体内の酸化を遅らせて肌のくすみなども解消してくれる効果が期待できると言えます。

チーズの消費が日本の10倍と言われているイタリアの女性が、とてもエネルギッシュで若々しく見えることも、チーズがアンチエイジングに効果を発揮する証拠とも言えるのではないでしょうか。

チーズ大好き!そんなあなたにオススメがこのダイエット!

チーズダイエットに向いている人はどんな人でしょう?勿論チーズが大好きなことは言うまでもない事ですが、とにかく食べることが好き、食べないで痩せるなんて考えられないといった人にはうってつけのダイエット方法ではないでしょうか。

世間では美容体重と呼ばれる見た目だけで言えばほっそりしていても、何となくガリガリに見えるようなそんな体重がもてはやされています。特に若い世代の女子であれば、とにかく体重が少なければいい、足も手も細ければ細いほどいいという、あまりオススメできない考え方が広まっているようです。
でも、素敵な女性というのはただ細いだけではなく、程よく筋肉もついていて、いわゆるボン、キュッ、ボン、の均整の取れたスタイルを維持している女性を指すのではないでしょうか。

そんな理想のスタイルを目指したいあなた、食べることが大好き!でももうちょっと痩せて綺麗に見られたい、そんなあなたにこそチーズダイエットはオススメのダイエット法と言えるでしょう。

【注意点】チーズだけを食べるのはNG!

まさに食べるダイエットの中では理想的ともいえるチーズダイエットですが、栄養面で気を付けないとならないことがあります。それは、チーズには沢山の栄養が含まれているにしても、食物繊維とビタミンCだけは摂ることが出来ません。なので、これらの栄養素を上手に摂って更に相乗効果を狙うためには、野菜や果物などと一緒に食べてみることが重要と言えるのです。

チーズには乳酸菌が含まれているので、腸内を整える作用もあるにはあるのですが、やはり食物繊維なくしては、頑固な便秘には効果が出にくい場合もあるのです。チーズの乳酸菌にプラスして、野菜果物の食物繊維を一緒に摂る。これが最も理想的なチーズダイエットのやり方ではないでしょうか。

チーズダイエットはこのやり方がベストです

チーズダイエットの基本的なやり方は食べる量は腹八分目ではあるものの、カロリー制限や食事制限をしない。その上でチーズは毎食食べてOKなんですから、やり方としてはとても簡単ですよね。ここに、チーズにはビタミンCと食物繊維が含まれていない、ということを踏まえて、食事をする時に一緒に食べる料理を考えるといいですよね。

チーズには様々な種類がありますので、毎日食べても飽きないというのも魅力的です。そして何よりも、ダイエットにはつきものの、カロリーを気にしなくていい!というのがもっとも嬉しい所ですね。
ただし、カロリーの面だけで言えばカッテージチーズがが若干低めですので、どうしてもカロリーが気になる方は、このようなチーズをチョイスして実践するのも一つの方法でしょう。

さあ!今日からチーズダイエットに挑戦!

チーズというと脂肪が多い、カロリーが高いなどの理由で、ほとんどの人がダイエットには不向きな食材だと思っているでしょう。しかし、探りに探ってみれば、チーズは腹持ちがいいだけではなく、脂肪燃焼を促してくれたり、アンチエイジングに効果が期待できたりなど身体や肌のみの効果にとどまらず、イライラして暴飲暴食を防いでくれるなど、メンタル面でのサポートまでしてくれる、チーズこそダイエットにもってこいの食材だという事がお分かり頂けたでしょう。

チーズが大好きだったけど、色んなことが気になって普段の食事では避けてきたあなた。今日からはそんな心配は何もいらなくなりました!是非、ダイエットの為にも美肌、健康のためにも万能の食べるサプリチーズをたっぷり摂り入れる生活にシフトしてみて下さいね。