年齢とともに肌にツヤやハリがなくなり、だんだんとシミやシワなどが気になる年齢肌…。特に顔を老けて見せるのが、ほうれい線と目の下のたるみです。年齢を重ねたらある程度は仕方ない…なんて諦めていませんか?ちょっとした努力で目の下のたるみは改善できます!今すぐ試して、若々しい目元をゲットしましょう!

老けて見える目の下のたるみ、何とかしたい!

人と話をする時、相手のどこを見ていますか?多くの人が「目」と答えるのではないでしょうか?ことわざ「目は口程に物を言う」の通り、目は無言で多くを語ります。笑いジワの刻まれた優しい目元のおばあちゃんは、幸せで充実した人生を歩んできたと想像できますよね。

では、目の下のたるみはどうでしょう?友人の目の下がたるんでいたら、「疲れてる?」と聞きたくなってしまいませんか?目の下のたるみがあると、老け顔・疲れ顔に見えてしまいます。ハリのないくすんだ肌に見せてしまうこともあります。

マイナスばかりでいいことはひとつもない目の下のたるみは、加齢とともに目立つようになります。諦めてしまう人が多いようですが、実は解消できるのです。諦めずに自分に合った解消法を見つけましょう!

そもそも、目の下のたるみの原因って何?

目の下のたるみの解消法について説明する前に、そもそも目の下がたるむ原因について解説します。原因を知ることは解消や予防につながります!しっかり把握しましょう!

真皮部分のコラーゲンやヒアルロン酸の減少

目の下のたるみの原因のひとつめは、加齢により皮膚の下の真皮内のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することです。これは、シワできるメカニズムと同じです。真皮内のコラーゲンやヒアルロン酸の蓄積によって表皮(外見で見える皮膚)の弾力やハリは保たれています。

しかし、年齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸が減少すると凹みができ、これにより表皮にたるみが発生します。目の下の皮膚は非常に薄いため、真皮内の変化でも表皮にまで影響が出やすく、そしてたるみが目立ちやすいのです。

表情筋の衰え

目の下のたるみの原因のふたつめは、表情筋の衰えです。年齢を重ねると筋肉が衰えますが、これは体だけではありません。顔の筋肉も同じように衰えます。筋肉は皮膚を支える役割を持つため、目の周りの筋肉が衰えると目の周りの皮膚が支えられなくなり、これがたるみにつながります。

顔には30以上の細かい筋肉があり、使わない筋肉は当然衰え、そして硬くなって動かなくなります。顔の表情を作る筋肉が動かなくなると、表情が形状記憶されて常に同じ表情(無表情)となります。年齢を重ねても表情豊かで若々しい顔と肌を維持したければ、顔の筋肉を動かすように意識する必要があります

表情筋はすべてが連動しているため、ほうれい線を解消するために意識すれば、目の下のたるみにも影響があります。逆に言えば、目の下以外の筋肉の衰えも、目の下のたるみを引き起こしかねないということです。表情筋が衰えることのないように、意識して生活しましょう。

目の下のたるみの解消法~ツボ押し編~

ここからは、目の下のたるみを解消する方法を紹介します。まずは「ツボ押し」です。少しの時間で簡単にできるので、たるみが気になる時には積極的に行いましょう。ツボ押しは肌への負担が少なく、そして疲れ目にも効果があります。仕事の合間などにもぜひお試しください。

救後(きゅうご)

「救後」は目の下やまぶたのたるみや小じわに効果のあるツボで、目尻の斜め下の骨のくぼみ辺りにあります。まず目頭に人差し指の腹を当て、目の下を通って救後に指を滑らせます。救後を通って目尻に向かい、軽くはじくように押します。ここまでを5回ほど繰り返します。

承泣(しょうきゅう)

「承泣」は目の下のたるみとむくみに効果のあるツボで、目の下の骨のすぐ上にあります。目を閉じてから承泣に人差し指の腹を当て、骨のふちを下方向に押します。目の周りの皮膚は薄いため、深く押し過ぎないように注意が必要です。「少し弱いかな?」と感じるくらいの力で押しましょう。左右同時に5秒間押してゆっくり離す、これを5回ほど繰り返します。

太陽(たいよう)

「太陽」は目の下のたるみのほか、老眼予防や片頭痛などにも効果のあるツボで、眉毛とこめかみの間にあります。「眼医者殺し」と別名があるほど、眼の病気やトラブルに効果的だと言われています。親指を太陽に当てて他の4本の指で頭を支えながら、「少し痛くて気持ちが良い」と感じる程度の力で30回ほど左右同時に押すように揉みます。

目の下のたるみの解消法~エクササイズ編~

眼の下のたるみを解消するエクササイズを紹介します。表情筋や目の周りの筋肉に刺激を与えることで、衰えかけていた筋肉を元気にしましょう!

ウォームアップ

エクササイズを始める前に、顔全体の筋肉をほぐしておきましょう。まずは、10本の指を使って頭皮をゆっくりとマッサージします。そして、耳の後ろと耳下のリンパから首のリンパ節を通って鎖骨のくぼみまでリンパを流します。

ウィンクエクササイズ

ウインクエクササイズは、名前の通りウインクするだけのエクササイズです。単純ですが、筋肉が衰えているとウインクしづらい上、眼の周辺の筋肉にとっては立派な運動なので侮れません。頬骨の上を人差し指で軽く押さえ、右目でウインクします。指はそのままで、次に左目でウインクします。どちらか一方が弱ければ、弱い方のウインクエクササイズの回数を増やしましょう。

眉上げエクササイズ

眉上げエクササイズは、眼の下の筋肉を鍛えるエクササイズです。姿勢を正して正面を向いて立ち(または座り)、眼が閉じるギリギリまで目を細めます。細めたままの状態で眉毛を上に上げるように意識します。自然に呼吸しながら10秒ほどキープし、ゆっくりと元の状態に戻ります。

ピースエクササイズ

ピースエクササイズは、眼の周辺の筋肉を鍛えてたるみを解消するエクササイズです。目頭に中指、目尻に人差し指を軽く当てます。このまま黒目をできる限り上に上げます(白目をむくようなイメージ)。10秒ほどキープしてもとに戻ります。

顔ヨガ

顔ヨガをご存知ですか?顔ヨガとは、顔の筋肉を鍛ることで小顔やたるみ防止、美肌、アンチエイジングなどに効果のある顔のエクササイズです。メディアでも取り上げられ、「1週間で10歳若返る」とも言われています。

目元のたるみに効果のある顔ヨガ「目ワイパー」を行うには、まず正面を向いて眉を上げずに目をしっかりと開きます。首は動かさずにゆっくり目線だけを右に移動させ、遠くを見ながらゆっくりと目線だけを上に移動します。そのまま目線を左に移動し、上、右とワイパーのように繰り返します。3往復行い、最後は目を閉じて一呼吸しましょう。

目の下のたるみの解消法~化粧品編~

目の下のたるみに効果のある化粧品を紹介します。毎日のスキンケアで肌を美しく整えながらたるみが解消されたら一石二鳥ですよね!以下で紹介するものは、たるみなどのエイジングケアに力を入れており、口コミ評価の高い化粧品ばかりです。ぜひ参考にしてください。

アスタリフト アイクリーム/FUJIFILM

アスタリフトは、フジフィルムによって独自に研究・開発されたエイジングケア化粧品です。美のパワーを秘める成分(アスタキチンサンとリコピン)を独自の技術で肌の各層まで届け、内側から光を発するような存在感のある美しさを目指します。

アスタリフト(ハリ・うるおいケア)は、メイク落とし・洗顔料・ジェリー状先行美容液・化粧水・美容液・クリーム・乳液・日中用美容液兼化粧下地・夜用クリーム・目元用クリーム・シート状マスクなどの製品があり、それぞれ全てが高いエイジングケア効果を持ちます。ラインで使用することで、より高い効果が期待できます。

目の下のたるみを重点的にケアするには、アイクリームがおすすめです。「塗った翌日には肌の調子が良くなっている」「効果がわからず使用を中止したら、鏡を見て目元の変化に驚いた。手放せないアイクリーム」など、高い効果を感じさせる口コミが揃っています。

15g:7,128円
※公式オンラインショップの価格を参考にしています。

リペアジェル/RISOU

リソウのリペアジェルは、目の下のたるみの改善に効果的な美容液ジェルです。抗酸化・抗炎症作用のある高濃度ビタミンC配合で、目の下のたるみを改善するだけでなく、顔全体の肌を美しく整えます。ビタミンCは美白効果やコラーゲンの生成にも関係する肌にとって超重要な成分です。

ビタミンCを含む化粧品の多くは、「ビタミンC誘導体」に変換されています。これは、ビタミンCが非常に劣化しやすく、そのまま化粧品などに利用することが難しいからです。しかしリペアジェルは、ビタミンCを独自の技術により安定させ、変換することなく製品に含んでいます。肌への浸透度も高く、角質層の奥までしっかりと届きます。

32mL:16,200円
※公式サイトの表示価格を参考にしています。

アイムピンチ/MIRAI

アイムピンチは、30歳からの年齢肌トラブルに特化した化粧品です。若い時にはそれほど肌にトラブルがなかった人でも、年齢とともに肌のタイプが変わったり、どんなにスキンケアに時間とお金をかけても肌の調子が良くならないことは珍しくありません。

アイムピンチはそんな年齢肌の特徴を理解し尽し、肌に優しい天然成分と年齢肌の改善に不可欠なサイエンスを融合させた化粧品です。肌の調子とじっくり向き合い、そして使用し続けることでトラブルを少しずつ改善してくれます。アイムピンチを製造する株式会社未来は、肌に自信を持つことで、生活にも幸せな変化をもたらすことを目指しています。

クレンジングからクリームまでラインで揃えることでより高い効果ももたらしますが、アイムピンチの製品(美容液・化粧水・スパークリングジェルパック・朝用クリーム・夜用クリーム・クレンジング・朝用アイクリーム)の中でも、目の下のたるみにおすすめなのが美容液と朝用アイクリームです。

美容液(10mL):2,100円
美容液(60mL):12,600円
アイクリーム(12g):4,536円

たるみが解消するまではコンシーラーで隠す

化粧品やエクササイズで目の下のたるみを解消しようとしても、すぐにはなくなりません。「美は一日にして成らず」なので日々の努力を継続することが大切ですが、やはり外出時には気になりますよね。そんな時は、ひとまずコンシーラーで隠しましょう。

メイクを始める前に、目元の保湿を十分に行います。コンシーラーをたるんで陰になっている部分に乗せ、指やブラシで優しく馴染ませます。目元の皮膚は薄くてデリケートなので、力を入れ過ぎないように注意しましょう。始めから多めに乗せず、少量を薄く伸ばし、必要があれば追加するとキレイに仕上がります。

コンシーラーは、カバー力の高いものや目元専用のものを選びましょう。たるみが軽度であれば明るめのベージュ、深刻なたるみには明るさを抑えた肌に馴染むベージュがおすすめです。ファンデーションも軽めに塗り、コンシーラーを塗った部分の色が馴染むように少しずつ重ねましょう。

目の下のたるみの解消法~集中ケア(美顔器・サプリ等)編~

続いては、目の下のたるみに効くスペシャルケアを紹介します。日々のエクササイズや化粧品にプラスすることで、きっとより高い効果をもたらしてくれるはず!

パッティング

ドラッグストアなどで様々な種類の目元用シートパックが販売されていますが、思い立った時や特に目の下のたるみが気になる時には、自宅にあるものでササっとケアしましょう。手持ちのコットンを数枚重ねて冷えた牛乳やお茶を浸し、眼の下を優しくパッティングするだけです。洗顔前の数分でできる手軽なスペシャルケアですね!

サプリメント

目の下のたるみの原因のひとつは、真皮内のコラーゲンやヒアルロン酸の減少でした。コラーゲンやヒアルロン酸を配合したスキンケアはたくさんありますが、普通に肌に乗せて塗り込むだけでは真皮まではなかなか浸透しません。肌に必要な成分はサプリメントで摂取し、体の内側からキレイを目指しましょう!

コラーゲンのサプリメントには様々な種類がありますが、実は経口摂取による効果に対する意見は専門家によって異なります。商品ごとの特徴や効果を口コミなどでチェックして選びましょう。

イオン導入(美顔器)

化粧水や美容液を肌の奥深くまで浸透させることのできるイオン導入機能付き美顔器もおすすめです。美顔器を使用してイオン導入をすると、単に美容液を肌に乗せるよりも100倍近い浸透力があるとも言われています。目の下のたるみの原因のひとつである真皮のコラーゲン減少は、美顔器で解決できそうですね!

もともとイオン導入はエステサロンなどで行われていましたが、高性能な家庭用美顔器にもイオン導入機能がついているものがあります。様々なメーカーから美顔器が発売されていますが、中でもおすすめなのがエビスのツインエレナイザーPRO2とパナソニックのイオンエフェクターです。それぞれの特徴や口コミをチェックし、使いやすいものを選びましょう。

目の下のたるみの解消法~整形(美容外科)でたるみ取り編~

今すぐに目の下のたるみを解消したい!という人は、美容外科でのたるみ取りを検討してみましょう。どんな治療法があるのか、また失敗などのリスクについても説明します。

レーザー治療

レーザー治療とは、レーザーと真皮層に照射してコラーゲンの生成を促し、肌にハリを与えるための治療です。クリニックや目の下のたるみの状況によってレーザーの種類が異なりますが、一般的に金額は1回3~4万円ほどで、状態に応じて4~5回ほどの施術が必要となります。

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、ヒアルロン酸を皮膚の内側やより深い位置に注入することで、肌を持ち上げてシワやたるみを改善する治療法です。単にヒアルロン酸を注入するだけではすぐに吸収されてしまうため、数ヶ月から1年かけて徐々に吸収されるように調整されて注入されます。

自然に仕上げるためには注入量を0.01mL単位でコントロールする高い技術が必要とされるため、施術の症例数や症例画像、口コミなどを参考にして信頼できる美容クリニックや医師を選びましょう。

ラジオ波治療

ラジオ波治療とは、レーザー光線の数十倍の強さを持つラジオ波による治療法です。ラジオ波は電磁波の一種で高い周波数を持ち、熱を発生するエネルギーがあります。ラジオ波治療では、この熱を利用して肌にダメージを与えずにコラーゲンの生成を増やすことができます。ラジオ波治療の効果は薬半年間継続し、その間コラーゲンが生産されて肌にハリが産まれます。

この他にも、血液を利用した再生医療、目の下を脂肪を取り除く方法、脂肪を注入する方法、切開して余分な皮膚を取り除く方法などがあります。

目の下のたるみ取りの整形に失敗はないの?

美容クリニックでの施術は、時間をかけずに高い効果が約束されるため非常に魅力的です。しかし、気になるのが失敗やリスク…。「整形」や「プチ整形」に分類されるだけに、失敗した時にどうなってしまうのかが心配です。

目の下のたるみ取りに限らず、手術や施術の成功率は100%ではありません。これは美容クリニックに限らず、エステや皮膚科などにおける施術にも言えることです。失敗を回避するためには、信頼できるクリニックや医師を選ぶこと、これに尽きます。ホームページを鵜呑みにせず、また金額からクリニックを決めることは決してせず、口コミや体験談、症例数を参考にしましょう。

たるみ取りにおいて懸念されるリスクは、切開時の外傷による下眼瞼の外反(切開手術の場合)、脂肪の過剰摘出によるシワや凹み(脂肪除去治療の場合)、注入時に空気に触れることによる感染症(ヒアルロン酸等注入の場合)のほか、アレルギー反応などが考えられます。失敗はごく稀ですが、リスクがゼロではないことを念頭にクリニックを選びましょう。

たるむ前に対策を!目の下のたるみを予防する方法

目の下のたるみは、様々な方法で解消できることがわかりました。しかし、解消できるとは言っても時間もお金もかかります。現時点で目の下のたるみがそれほど気にならないのであれば、たるんでしまう前に「たるませない方法」を知っておきましょう!目の下のたるみの予防法について説明します。

目をこすらない

筋肉に刺激を与えると、組織がダメージを受けて弱ります。目元の皮膚は非常に薄いので、強く触れるとすぐに筋肉に刺激が到達してしまいます。また何度も目をこすると、筋肉が伸びてしまいます。眠い時や目にかゆみや異物感を感じた時に知らず知らずに目をこすってしまうことがありますが、実はこれは目元のたるみを引き起こしているかもしれません。

花粉症の時期には特に目がかゆく、触れたりこすってしまいがちですが、目薬などで対応するようにしましょう。また、アイメイクを落とす時や洗顔時も同様に、目の周辺を強くこすらないようにしましょう。

むくみを解消する

目の下がむくむと、その分皮膚はたるみやすくなります。むくみはたるみよりも解消しやすいので、気づいた時にしっかりとケアしましょう。目元に強い刺激を与えることはNGなので、優しく触れながらリンパを流すようにします。目元だけでなく、顔周りのリンパも一緒に流しましょう。むくみを放置すると日々積み重ねられてしまうので、リンパマッサージを日課としましょう。

質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠は、健康の基本です。パソコンやスマートフォンを駆使する現代人の目はかなり疲労しており、目の下のクマやたるみが起こりやすい状態にあります。しっかりと睡眠をとることで眼精疲労回復を心がけましょう。

質の良い眠りのために、まず一番重要なのが睡眠サイクルを整えることです。どんなに長時間寝ても、疲れが取れなければ意味はありません。毎日同じ時間に眠り同じ時間に起きるなど、規則正しい生活を意識しましょう。就寝前1時間はパソコンやスマートフォンの使用を避け、心と脳を落ち着かせるのもポイントです。

食べ物にも意識する

肌に良い食品と目に良い食品の両方を積極的に摂取することで、目の下のたるみや肌トラブルを予防しましょう。たるみに効果のある成分は、ビタミンC・鉄分・タンパク質などです。柑橘類やキャベツなどの葉物野菜、カツオやひじきなどの海産物、たんぱく質を多く含有する大豆製品を意識的に摂取し、糖分や脂肪分の多い食材は控えましょう。

また目に良いとされる食材は、魚やレバー、ニンジン、ジャガイモ、大豆などです。日々の食生活にこれらの食材を積極的に取り入れ、栄養バランスが良く健康的な食生活にチェンジしましょう。

紫外線を避ける

ご存知の通り、紫外線による肌へのダメージは絶大です。紫外線を浴び続けると肌のハリや弾力が低下するだけでなく、日焼けによるシミやそばかすなどの肌トラブルも引き起こします。美肌のためだけでなく、皮膚がんなどの予防のためにも紫外線対策が求められていますが、目の下のたるみにも紫外線は関係するため、今一度日々の対策を見直しましょう。

メイク前には日焼け止めを目の周辺にもしっかりと塗り、外出時には帽子やサングラス、日傘を使用して可能な限り日光を遮断しましょう。

乾燥を避ける

紫外線だけでなく、乾燥もまた美を求める女性にとっては大敵です。潤いが不足すると肌のハリや弾力が失われ、たるみが発生します。目の下のたるみの原因のひとつは真皮内の潤い不足にあるため、保湿を心がけて乾燥から目元を守りましょう。

目元専用のクリームや保湿クリームを朝晩しっかり塗り、乾燥の気になる時期にはプラスアルファの目元ケアも行いましょう。

目の下のたるみは目元ケアを徹底して解消しよう!

目の下のたるみについて解説しました。目は他人から一番見られているパーツです。まつげエクステをしたりグラデーションで魅力的なアイメイクを施しても、目の下の皮膚がたるんでいたらステキ度はマイナスです。

毎日のスキンケアと目周辺のエクササイズなどを見直し、たるみのない若々しい目元を目指しましょう!