豆乳は植物性のたんぱく質が豊富でカラダによいけど、独特の風味が苦手!という方も少なくないですよね。アレンジして飲む事で、苦手な豆乳もとっても飲みやすくなります。豆乳の色々な飲み方を紹介します。

豆乳のおいしい飲み方を紹介!

豆乳は女性にとって嬉しい効果がたくさんあるので、積極的に取り入れたいと思っている方も多いはずです。無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料と大きく3つに分かれています。

無調整豆乳はその名の通り、塩や砂糖が加えられていないので、美容や健康、ダイエットには効果的ですが、ちょっとクセが強くて飲み続けることができない、という人もいると思います。そんな方のために、豆乳を飲みやすくする飲み方を色々ご紹介します。

驚くべき豆乳の効果とは

今では、豆乳が美容・健康・ダイエットに効果的であるということは、誰もが知っていますね。具体的にどんな栄養効果があるのでしょうか。

生活習慣予防

豆乳に含まれている「レシチン」は、悪玉コレステロールの減少や、血中コレステロールの低下を促します。さらに乳化作用で血液の流れを良くするため、生活習慣予防に効果的と言われています。他にも脳細胞を活性化したり、脳の情報伝達をスムーズにすることで、脳の老化防止にも役立ちます。

豆乳に含まれている大豆たんぱくには、血液中のコレステロールの濃度を下げる効果や 血小板の凝集性を抑える作用、 全身の血流改善の効果がある といわれていて、動脈硬化などの生活習慣病の原因と予防する効果があります。

美肌効果と肌荒れ予防

美容効果があると言われるビタミンB1、B2、B6、Eを多く含んでいます。特にビタミンEには抗酸化作用がありお肌の調子を整え、美しい肌へ導いてくれます。他にも、イソフラボンは大豆の胚芽部分に多く含まれていて、細胞再生の働きがある「植物性プラセンタ」とも言われています。

イソフラボンがコラーゲンの生成を促し、肌の潤いを豊かにしてくれるので、肌荒れにも効果が期待できます。また、豆乳に含まれているエストロゲンは女性ホルモンに似ているので、女性ホルモンは肌の水分量を増やし、ニキビや肌荒れの原因にもなる皮脂の過剰分泌などを防いでくれます。

肥満予防でダイエット効果も

牛乳などの動物性タンパクに比べて豆乳は植物性タンパク質のため、カロリーも低めで、 基礎代謝を活発にしてくれます。豆乳の成分のサポニンは、脂質の代謝を促進するのでダイエットに向いていると言えます。腸内環境を改善して善玉コレステロールを増やす働きもあるので、便秘解消にも効果的です。

豆乳のおすすめの飲み方!

200ml無調整豆乳が80~100kcal、低脂肪乳92kcalと、低脂肪牛乳と比べると低カロリーではありませんので、注意してくださいね。

コーヒーと混ぜて飲む

■豆乳コーヒー
濃い目に入れたコーヒーと豆乳を1対1で混ぜます。シナモンやココアを加えるとさらに飲みやすくなります。

コーヒーと豆乳を混ぜて飲む飲み方はスタバでもですね。牛乳の代わりに豆乳を使うことで、そのままでは飲みにくい豆乳も、まろやかに飲みやすくなります。豆乳には大豆と水だけで作る「無調整豆乳」と、砂糖などを加えて飲みやすくした「調整豆乳」の2種類がありますが、ミルクの代わりに豆乳を使う場合は、無調整豆乳を選びましょう。

ココアと混ぜて飲む

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/201871/recipe/1032048

■豆乳ココア
1.カップにココアときび砂糖とお湯を少し入れて溶きます。
2.豆乳を入れて混ぜ、レンジで1分30秒加熱。よくかき混ぜます。お鍋で作っても良いです。

ココアと豆乳を混ぜて飲むと、飲みやすくなる他にダイエット効果も期待できます。ココアには食欲を抑える効果があるので、食べ過ぎやもう少し食べたいという食欲を抑えてくれるからです。また、ココアに含まれるリグニンは腸内で善玉菌を増やして腸内環境を整え便秘解消にもなります。

ヨーグルトと混ぜて飲む

■飲む豆乳ヨーグルト
ヨーグルトを入れてから、豆乳を入れ、とろとろになるまでよく混ぜます。

飲むヨーグルトを豆乳で作ると、ヘルシーに仕上がり豆乳も飲みやすくなります。はちみつやシナモン、フルーツを加えても良いでしょう。

果物と混ぜて飲む

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/10990/blog/1799104

■豆乳フルーツジュース
豆乳とグレープフルーツジュース、梅酢を混ぜます。

生のフルーツではなく100%ジュースを1:1の割合でまぜるととっても簡単で、まろやかな味の美味しい健康ジュースができます。野菜ジュースでもよいです。他には、フルーツビネガーを加えてのも方法もヨーグルトのような風味になり、カラダにもよいのでおすすめです。フルーツと豆乳でスムージーもおすすめです。

■パッションフルーツ豆乳ラテ
1.パッションフルーツの中から果実をスプーンで他の容器に移しておきます。
2.コップに1のパッションフルーツ→はちみつ→豆乳の順番に入れて、混ぜて出来上がりです。

大きめの器に変えて、お好みでカカオニブやチアシード、グラノーラをトッピングすれば、スーパーフードの豆乳ラテの出来上がり!もちろん、パッションフルーツをお好きなフルーツに変えていろいろ試しましょう。

はちみつと混ぜて飲む

■はちみつホット豆乳
マグカップに豆乳入れて鍋に移して火にかけ、カップに蜂蜜いれます。豆乳が温まったらカップに注いで混ぜて下さい レンジの加熱の場合は、マグカップに蜂蜜入れて豆乳入れて加熱します。はちみつはお好みで調節します。吹きこぼれないように気をつけて下さい。

カラダを温めたい時は、ホットミルクのように豆乳を温め、はちみつを加えましょう。寝るまえに一杯のホット豆乳を飲めば、快眠にも役立ちます。シナモンやローズマリーなどのスパイスやハーブを添えてもよいでしょう。

■はちみつクエン酸入り豆乳
豆乳200mlにクエン酸小さじ1とはちみつ小さじ1を良く混ぜます。ヨーグルトみたいにドロドロとしたドリンクができます。

また、はちみつだけでなく、酸味のあるクエン酸を入れると酸味・甘みのバランスが良く、ヨーグルト風になります。クエン酸はアスリートが重宝するほど疲労回復効果に優れているので、お疲れの時におすすめです

■はちみつほうじ茶豆乳ラテ
1.豆乳300mlを鍋に入れ沸騰したら、一握りのほうじ茶の茶葉を加えて、煮出すします。
2.蜂蜜、お好みでシナモンを加えて下さい。

ホットがおいしいです。香ばしいほうじ茶に優しい甘みのはちみつと豆乳がとてもマッチします。カラダが冷えている時は特におすすめです。コーヒーの苦手な方にも、ほうじ茶豆乳ラテは人気です。

抹茶やきなこと混ぜて飲む

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/4402/blog/12208827

■豆乳抹茶ラテ
カップに抹茶小さじ1、はちみつ大さじ1を入れてよく混ぜます。ここに温めた豆乳150ccを混ぜながら少しずつ加えたら出来上がり。

抹茶やきなこも豆乳との相性はばっちりです。はちみつ、黒ゴマ、シナモンなどトッピングするとさらに美味しい豆乳ラテに仕上がります。ホットでもアイスでもお好きな方で試しましょう。

■豆乳きな粉
豆乳200mlにきな粉大さじ2とはちみつ大さじ1を混ぜます。
きなこ、蜂蜜は中々溶けないので、よくかき混ぜましょう。ダイエット中に甘いものが食べたい場合には適しています。きな粉は食物繊維が豊富なので便秘解消に役立ちます。

甘酒と混ぜて飲む

出典: http://www.recipe-blog.jp/profile/159303/blog/15894731

■豆乳甘酒
豆乳に甘酒を入れて混ぜます。ホットで飲む場合は600Wで40~50秒あたためます。

どちらも美容や健康に非常に高い効果があるとされている飲み物なので、合わせて飲むことによって、さらに高い効果を得ることができると期待されています。甘酒が苦手な人も、豆乳と合わせることで飲みやすくなるというメリットがあります。

色々試したくても飲み過ぎには注意!

苦手な方や飲み方に飽きてしまった方は、今回のアレンジを是非参考にしてください!ただし、イソフラボンの過剰摂取は副作用もあるので、納豆などの大豆加工食品をそんなに食べない人なら1日に200ml、積極的に食べる人なら1日に100mlぐらいまでにするのが良いでしょう。