グリーンスムージーダイエットは、非常に効果があり、レブや有名人も次々と挑戦して何キロもの減量に成功しています。健康的に痩せる、体に負担の少ないダイエットで世界中に広まっています。グリーンスムージーを飲むだけで、体質改善や腸内環境の改善、そして美容にも絶大な効果があると言われており、やってみる価値はありそうです。ここでは、詳しいダイエット方法や美味しいレシピも紹介します!

グリーンスムージーでダイエット

有名人やセレブに大人気!リバウンドしにくいダイエット

グリーンスムージーダイエットは、アメリカで始まったダイエットです。高カロリーや高糖質の食事が主だった欧米人から、栄養豊富で健康的に美しく痩せるための飲み物として世界に広まりました。海外セレブや日本の有名人など、何人もグリーンスムージーダイエットで何キロもやせた、きれいになったという口コミが広がりました。

通常スムージーといえば、凍ったフルーツや野菜をミキサーで滑らかにしたドリンクですが、グリーンスムージーは生野菜や果物だけを使った、ダイエットのための飲み物の事です。ジュースにすることで、野菜と果物の栄養だけを効率良く取り込めるので、健康的に痩せるだけでなく、その後も生活の一部としても取り入れていけるので、リバウンドしにくいのも大きな魅力です。

ここでは、グリーンスムージーダイエットの詳しい方法、そして注意すべきポイントや美味しいレシピ、カロリーまで、詳しく調べてみました。毎日簡単に続けることが出来るグリーンスムージーダイエットは、本当に効果が高いようです。是非トライしてみてください!

グリーンスムージーは何故ダイエットに効果的?

1.足りない栄養が気軽に摂れる

毎日、野菜を意識して食べていても、果たしてうまく栄養を取れているのか、と思うときもありますよね。そこでグリーンスムージーを取り入れることで、野菜の栄養を効率的に無理なく摂取することが出来るのです。普段から野菜不足を感じている人には、野菜不足の解消にもなりますのでおすすめです。

基本のグリーンスムージーは、かならず葉野菜をメインに入れます。ほうれん草、小松菜、水菜などが代表的で栄養価も高いです。普段の調理では加熱などにより壊れやすいビタミンCなどの栄養を生で、しかも液状にして摂取するので、野菜の栄養素や酵素を余すことなく、体内に取り入れることが出来るのです。

野菜好きさんや、健康を意識して毎日野菜を食べている方でも、グリーンスムージーを飲み続けると、体調がよくなるのを感じたり、痩せてきたりと、グリーンスムージーの効果は非常に高いと言われています。

2.果物の甘味でさらにおいしく

グリーンスムージーは、砂糖などの甘味料は使わずに、基本的には果物などの自然の甘さで飲みやすくします。バナナ、キウイ、リンゴ、オレンジ等は、甘味も強く野菜のえぐみを消してくれるのでよく使われます。

果物にも栄養や酵素がたっぷり入っていますので、甘味を足すだけじゃなく、野菜にない栄養を補うことができます。特に使う果物によっては抗酸化物質をたっぷり摂れますので、野菜と果物を同時に生で摂取することは、非常に理にかなっており、ダイエット効果もアップすると言われています。

果物を入れることで、飲みごこちや口当たりも飲みやすくなるだけじゃなく、果物に含まれる果糖により満足度もアップし、ダイエット中の物足りなさも、感じにくくなるでしょう。

3.無理なく健康的にやせられる

グリーンスムージーを飲むだけで、野菜や果物のビタミンや酵素のはたらきで、内臓のはたらきが活発になりデトックス効果も望めます。そのため余分なものが排出され、代謝もよくなり、健康的に無理なく痩せることが可能になります。まさに理想的なダイエットだと言えますね。

体や脳がストレスを感じたり、栄養が偏ってしまうようなダイエットやストイックなダイエットは、リバウンドをしやすく、体調も悪化しがちですが、グリーンスムージーダイエットは、それとは逆に体質改善や栄養不足の予防、便秘予防など、普段よりさらに健康的になれながら痩せることが出来る、素晴らしいダイエット方法です。

4.代謝アップを酵素がサポート

痩せ体質になるには、基礎代謝量を上げることです。生の野菜や果物には基礎代謝アップのサポートをしてくれるさまざまなビタミンや酵素が入っています。代謝量がアップすると、総合的に消費カロリーが上がるので同じ生活をしていても、痩せやすくなるのです。

このように、運動が苦手、面倒という人でもグリーンスムージーを続けて飲むことにより、普段の代謝量が上がっていくので、運動を一生懸命しなくても痩せやすい身体になっていくと言われています。これはぜひ、取り入れたいですね。

現に、グリーンスムージーで痩せたセレブや有名人は、一日一食をグリーンスムージーに置き換えただけで、特に運動はしていない人も多いようです。それなのに、魅せる身体になれるほど、グリーンスムージーには絶大な効果があるようですね。

5.満足度が高く低カロリー

グリーンスムージーは、野菜と果物だけなので、次の食事まで持たないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、意外と満腹感が続くのです。

自分で作ってみるとよく分かると思いますが、葉野菜も普段食べるのとは違って、1杯に使う量がとても多いですよね。そしてさらに食べごたえのあるバナナやりんごも入っています。ミキサーやジューサーで液状にするとコップ1杯程度になりますが、実は結構な量の野菜や果物が入っているんですね。

そのため、コップ1杯でも意外と満腹感を得やすく、そのうえ、大幅にカロリーカットが出来るために、長続きしやすく、結果も出やすいダイエットだと言われています。

グリーンスムージーダイエットのやり方・5つ

1.置き換えは朝が効果的

朝は、前日の夜から数時間も経っているため、からだは栄養を欲している状態になっています。グリーンスムージーを朝いちばんに取ることで、その栄養や酵素を充分に身体にいきわたらせることができますので、朝の置き換えが最もおすすめなのです。

朝食は、比較的軽めでも負担にならないために、朝食をグリーンスムージーに置き換えても、ストレスなく続けることが出来る人が多いようです。

栄養素を効率よく吸収できる朝一番に、健康的なグリーンスムージーで一日を始めると、スッキリした気持ちになれ、生野菜でリラックス効果を得ることも期待できます。爽やかな一日をグリーンスムージーで始めてみましょう。

2.しばらくは続けてみよう

グリーンスムージーダイエットは、それだけで痩せるというのではなく、体質改善をしながら健康的に痩せるという方法です。数日飲んでみても体重が変わらないといって、失敗だと思わないようにしましょう。細胞が生まれ変わるのにはある程度の日数がかかります。最低でも2週間~1ヶ月くらいは続けて、体調や体重の変化を見ていきましょう。

1カ月も続けると、自分の体調がずいぶん良くなるのを実感できるはずです。短期間行う断食のようなダイエットとは違いますので、一定期間継続して行うことは非常に大切です。毎日グリーンスムージーを飲み続けることによって、少しずつ痩せやすい体になってきますので、焦らず続けるようにしましょう。

3.朝食以外でも置き換えられる

お泊りや出張で、朝食時にグリーンスムージーが飲めなかったら、昼食や夕食、またはおやつにグリーンスムージーを取り込んでも大丈夫です。長期出張で朝食が無理だから…と、グリーンスムージーダイエットをあきらめてしまうのはもったいありません。

その他の食事を、グリーンスムージーに置き換えることが可能であれば、昼食でも夕食でもかまわないので、1日1杯のグリーンスムージーを是非続けるようにしてください。継続することで、さらに効果が期待できるものなので、朝食だけにこだわる必要はありません。

4.健康的な食事で効果アップを

グリーンスムージーダイエットは、体質改善をはじめ、健康的に痩せる方法ですので、グリーンスムージー以外の食事も見直すと、健康効果は更に上がると言えます。せっかくグリーンスムージーを毎日作って飲んでいるのに、揚げ物やポテトチップス、炭酸飲料などを飲んでいては、体質改善は望めません。

グリーンスムージー以外の食事も、出来るだけ自然の、体に優しい食材や調理法を選択して摂取すると良いでしょう。そうすることで、体がさらに健康的になり、消化器官の機能もよくなり、グリーンスムージーの吸収率もアップします。

5.スムージーを生活の一部に

目標体重になったからといって、ダイエットをやめてふたたび暴飲暴食をしてしまえば、からだが不調になったり、リバウンドしてしまうことも多いでしょう。グリーンスムージーは作るのも簡単で、体のためには非常に良い飲み物です。出来れば、ダイエットが終わった後でも、グリーンスムージーは続けましょう。

目標達成したとたん食生活をがらりと変えては、リバウンドの原因になったり体調不良に陥ったりすることにもなりかねません。グリーンスムージーはダイエットに関係なく、非常に健康的なドリンクです。出来れば、目標体重に達成した後でも、週に何度かは続けてみましょう。代謝を高く保ち、健康的な体をキープでき、リバウンドも防ぐことが出来るでしょう。

ダイエット効果をさらに高める方法・5つ

1.作りたてを飲む

グリーンスムージーの効果を最大限に活用するためには、作りたてのものを飲む必要があります。野菜や果物は、カットされた瞬間から酸化をはじめ、酵素やビタミンを失いはじめます。特にグリーンスムージーの場合は、全ての材料が液状になるまで非常に細かくされているために、酸化のスピードも速いのです。

面倒だからと、沢山作って冷蔵庫に入れておくのはよくありません。1回1回、その時に飲む量だけを作り、出来たら作りたてを直ぐに飲むようにしましょう。

2.オーガニックの野菜を使う

野菜の素晴らしい栄養素を取り入れようと、グリーンスムージーダイエットをしているのに、野菜や果物に農薬がたっぷりついているのでは逆効果ですよね。グリーンスムージーは生で、そして大量の野菜や果物を丸ごと使用するものなので、オーガニックの材料を使って作るようにしましょう。

素材の栄養を丸ごと摂取するグリーンスムージーですから、素材が悪いと、悪い化学物質もそのまま体内に入り吸収されてしまいます。グリーンスムージーを作る際には、オーガニックの葉野菜や、農薬の使われていない果物などを利用するとよいでしょう。

3.野菜、果物、水だけで作る

好きだからと言ってヨーグルトや牛乳などの、動物性たんぱくを一緒に混ぜてしまうと、実は効果が半減してしまうのだそうです。野菜や果物の栄養が、吸収されにくくなってしまうためです。

また、果物は出来るだけ無農薬のものを皮ごと遣いましょう。果物は、皮とそのすぐ下にポリフェノールなどの栄養が多く詰まっているために、皮をむかずに使い切ると、更なる効果が期待できます。

4.毎日材料を少しずつ変える

1度に数え切れないほどの野菜を、どんどん入れて栄養価を上げようとするよりも、毎日シンプルなグリーンスムージーレシピで過ごした方が、栄養の吸収率は上がるのだそうですよ。

毎日同じメニューでは、いつかは飽きてしまいます。できれば、いろいろな材料を準備し、毎日違うグリーンスムージーにトライし、毎日違う栄養素を摂取&吸収するようにすれば、栄養の偏りもなく、更に毎日のグリーンスムージーの効果が上がると言えるでしょう。

5.粉末のグリーンスムージーも常備

出張先やお泊りの時、いつもの朝のグリーンスムージーが飲めなくて非常に困った、ということはありませんか。他人の家やホテルでは、当然自分でグリーンスムージーを作ることにはいきませんので、出来れば粉末のグリーンスムージーも常備し、いつでも飲めるようにしておきましょう。

このような粉末タイプのグリーンスムージーは、適量の水に溶かすだけ、と至って簡単にできます。外出先で購入した水やフルーツジュースに混ぜて、いつでもどこでも摂取できるから本当に便利ですね。

グリーンスムージーダイエットの注意点・3つ

1.でんぷん質のある野菜を使わない

グリーンスムージーに使う野菜は、でんぷん質の少ない、葉野菜を使うのが基本です。ニンジンや、カボチャ、キャベツなど、でんぷん質の野菜を使うと腸内でガスが発生しやすく、消化にも時間がかかってしまうために、グリーンスムージーの効果は減ってしまい、グリーンスムージーダイエットにはお勧めできません。

使う野菜の種類は、多ければ多いほど良いというわけではありません。出来るだけシンプルなレシピで、葉野菜の量を多めにすると、効率よく野菜や果物の栄養を吸収できるようです。

2.果物を多く入れすぎない

ジュースのような感覚で飲みたいからと、果物の量を多くしすぎると、糖分の摂りすぎになるだけでなく、グリーンスムージー特有の野菜の効能が減ってしまいます。また、甘みが欲しいからと言って、砂糖や蜂蜜を入れてしまうと、GI値も高くなり、ダイエット効果激減します。

グリーンスムージーの効果を最大限に引き出すには、野菜6、果物4の割合がベストです。甘い味が欲しい場合には、甘みの強いバナナやイチゴを使って、自然の甘味を楽しみましょう。

3.食事と一緒に摂らない

グリーンスムージーの栄養を最大限に吸収するためには、空腹時に飲むのが最適です。細かくされて吸収率の高いグリーンスムージーを飲んだ後は、40分以上はその他の食べ物を口にしないようにしましょう。胃からしっかりとグリーンスムージーの栄養素が、体に吸収されるのを妨げてしまうためです。

ですので、グリーンスムージーは、食事中の飲み物や、おやつを食べるときのドリンクとして取り入れても、その効果は半減してしまいます。

グリーンスムージーのカロリー

コップ1杯のカロリー

グリーンスムージーは、作り方も様々ですので、当然使用する材料によってカロリーは変わってきます。ここでは、一般的なグリーンスムージーのコップ1杯分のカロリーを調べてみました。

定番のグリーンスムージーのカロリーは1杯分89kcalです。カロリー内訳は以下の通りです。
バナナ:50kcal
リンゴ:31kcal
小松菜:8kcal
水100㏄:0kcal

これで朝食1食分になるのですから、やっぱりカロリーは大幅カットできていますね!バナナやリンゴで甘味があり、お腹にも溜まりやすいので、100kcal以下でも十分に満足できる朝食になるといえるでしょう。

グリーンスムージーのレシピ・2選

1.基本のグリーンスムージー

栄養価の高い小松菜と、カリウムやビタミンの豊富なバナナ、リンゴを入れてダイエット効果を最大限に引き出します。甘味もあるので葉野菜でも気にならずに飲め、初心者にもお勧めです。是非今日からスタートしてみましょう。

・材料(1人分)
バナナ:半分
リンゴ:1/4個
小松菜:半株
水:100㏄

・作り方
材料をすべてミキサーに入れ、液状になるまでしっかりと混ぜます。

2.甘さが欲しい人向けレシピ

基本の味では甘さが足りず、もっと飲みやすいスムージーが欲しい人向けのレシピです。こちらのレシピでも、葉野菜をちゃんと使うので、グリーンスムージーダイエット効果も十分期待できます。カロリーもそれ程変わらないので、甘い物好きな人も満足しながら高い栄養効果を望めます。

・材料(1人分)
ほうれん草:1株
桃:半分
みかん:半分
キウイ:半分
水:100㏄

・作り方
材料をすべてミキサーに入れ、液状になるまでしっかりと混ぜます。

成功者続出!口コミをチェック

成功者が非常に多いグリーンスムージーダイエットは、ネット上でも大人気です!セレブも何キロもやせている、効果の高いダイエットだと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。グリーンスムージーダイエットは、口コミでも効果が非常に高いと大人気ですね。非常に栄養価も高く、1日1食を置き換えるだけなら、ストレスなく続けることが出来、健康的に痩せることが出来そうですね。

毎朝のグリーンスムージーを習慣にし、腸内環境も体調も整えながら、健康的に美しく痩せることが出来ると良いですね!