ココアは毎日欠かさない!という方も、時々なぜかココアが飲みたくなる!という方も、必見です!ココアは健康にも美容にも最適なパーフェクト食材だったのです。ココアのパワーを知って、ぜひ健康な体を目指しましょう!ココア好きにはたまらないココアの効果について調べました。

ココアってなに?

ココアとは原材料になるカカオの種子をペースト状にしたものから、ある程度の脂肪分を抜き取って、粉末状にしたものを言います。このココアパウダーに砂糖や粉乳を混ぜて加工したものが調整ココアやココア飲料なのです。

ちなみにチョコレートはカカオの種子をペーストにしたものに、さらに砂糖や脂肪分を追加して加工したものです。ココアとチョコレートは元は同じカカオなのですね。

ココアは栄養素だらけ!

ココアの栄養成分

まずはココア全体の栄養成分を見ておきましょう。

純ココア100g中(成人女性1日あたりの所要量)

* カロリー:271kcal/大さじ1杯16kcal)
* たんぱく質:18.5g(55g)
* 脂質:21.6g(エネルギーの20~25%)
* 糖質:42.4g(260mg)
* ナトリウム:16mg(食塩10g以下)
* カリウム:2800mg(2000mg)
* カルシウム:140mg(600mg)
* マグネシウム:440mg(260mg)
* リン:660mg(700mg)
* 鉄:14mg(10~12mg)
* 亜鉛:7mg(10mg)
* 葉酸:30μg(150μg)
* ビタミンA:30μg(540μg)
* ビタミンE:0.7mg
* ビタミンK:2μg(55μg)
* ビタミンB1:0.16mg
* ビタミンB2:0.22mg(1.0mg)
* ナイアシン:2.3mg
* 食物繊維:23.9g(20~25mg)
* カフェイン:0.2g
* タンニン:4.1g
ココアには色々は栄養素が含まれていますね!では実際、健康や美容にいい栄養素を見ていきましょう。

カカオポリフェノールで若々しくなる!

ポリフェノールとは植物の苦味や渋みの成分となっている物質の総称で、全てのポリフェノールに抗酸化作用があると言われています。例えば、アントシアニンやイソフラボンなどがそうです。

ココアに含まれるカカオポリフェノールにも抗酸化作用が含まれていて若々しさを保つためには欠かせないものです。

他にもポリフェノールには血管を若々しくしたり、がん発生を予防するという研究発表もされています。また、ストレス耐性を強化したり、アレルギーを緩和させる働きも期待できるのです。

豊富な鉄分で貧血を改善!

ココアの原材料であるカカオ豆には豊富な鉄分が含まれているため、ココアは貧血改善に役立つと言われています。ただし、加工したココア飲料や調整ココアだと鉄分の量が減ってしまうので、鉄分不足を補う目的で飲むなら純ココアがよいです。

女性は生理中とくに貧血になりやすいので、純ココアにホットミルクを混ぜて飲むと温まりますし、貧血の予防にもいいのではないでしょうか。

カリウムで血圧も安定する?

ココアにはカリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。カリウムは筋肉の収縮に関わったり、ナトリウム(塩分)をおしっこと一緒に体の外に排出してくれる役割があるのです。塩分過多による血圧があがってしまうことを防いでくれるかもしません。

また、ココアにはテオブロミンという成分が含まれていて血管を広げる効果があります。カリウムとの相乗効果で血圧対策にはさらに有効と言えます。

尚、純ココアの場合、1杯当たり小さじ2杯(8g)程度だとカリウムを摂り過ぎるということはありませんが、腎臓機能が弱っている方などは、医師の指示に従って飲むようにして下さい。

豊富な食物繊維で便秘を改善!

ココアには不溶性の食物繊維であるリグニンがたくさん含まれています。リグニンは腸の中で便のカサを増やし、また排便を促す効果も高いと言われています。さらに、脂肪の消化吸収に関わる胆汁酸を吸着して排泄するため、脂肪の代謝も助けてくれる効果があるのです。

朝一番のココアを習慣化することで、便秘改善に役立つといえるのではないでしょうか。

マグネシウムでカルシウムの吸収を助ける!

実は骨の成長を助けるカルシウムはそれだけで摂っても吸収率が弱いと言われています。ですがマグネシウムと一緒に飲むことで、その吸収を助けてくれます。

ココアは豊富にマグネシウムが含まれているので、カルシウムが豊富なミルクと一緒に飲むとよりカルシウムの吸収を助けてくれます。

ココアにはたくさんの健康効果が!

冷え性を改善させる

体を温める効果のある食べ物で代表的なのは生姜ですが、実はココアの方が温かさが持続するという研究発表がされています。

ココアと生姜で体温の変化を調べてみると、生姜よりココアの方が緩やかに体温が上昇し、体温の低下もなだらかだったとされています。ココアの血流を改善させる効果により長く体温を上げることができたのです。

そのため、冷え性で悩む女性には最適な飲み物といえるのです。またPMS(月経前症候群)や生理痛に悩む女性は、体を温め、血流を改善させることで痛みが改善されるので是非飲んで欲しい飲み物です。

免疫力を上げて風邪を予防!

ココアを飲むことで人の免疫細胞であるNK細胞を活性化させるという発表がされています。NK細胞は体内にいる免疫細胞で、体外から入ってくる細菌やウイルスなど何にでも対抗してくれるので、優れものの細胞です。

自分の免疫を活性化させることで、毎年流行するインフルエンザ予防にも有効と言われています。お子さんをお持ちの方は、家族でココアを飲むことで風邪の蔓延を防ぎましょう。

抗菌作用で虫歯予防に効果あり!

緑茶やウーロン茶は抗菌作用があるとして有名ですが、実はココアにはそれ以上の抗菌作用があることが分かりました。虫歯菌に感染したラットで実験した結果、虫歯の進行を抑えることができたとされています。砂糖を多く含むココア飲料などを避ければ、抗菌作用がさらに期待できると言えます。

血管をしなやかにしてくれる!

先ほどココアが血圧を下げる効果があるとお話ししましたが、実は循環器系への影響はまだあるのです。ココアに含まれるポリフェノールが血管をしなやかにすることが分かってきました。そのため、ココアを日常的に摂っている人は循環器系での死亡率が低いと言われています。

注意したいのは、砂糖をたくさん入れてしまってはあまり効果がないので、純ココアにミルクなどで調整し飲むようにすると効果的です。

ピロリ菌からカラダを守ってくれる!

ココアに含まれる遊離脂肪酸のオレイン酸やリノール酸が胃がんや胃炎の原因とされるピロリ菌を殺菌してくれる効果があることが分かっています。遊離脂肪酸のオレイン酸やリノール酸はカカオFFAとも呼ばれ、ピロリ菌の細胞膜を攻撃すると言われているのです。

緑茶やウーロン茶の抗菌作用では、ピロリ菌を殺すことは出来ないのでココアに特有の有効成分と言えるでしょう。

集中力や記憶力を高める

ココアの香りやココアに含まれるココア・フラバノールが集中力や記憶力を高めることが分かってきました。ココアをゆっくり飲むことで、これから行う作業の集中力を高めたり、記憶力を向上させることができます。仕事の前の一杯のココアが仕事を効率よくさせてくれるかも知れません。

ココアは美容にも効果的!

美肌効果に有効!

ココアに含まれる抗酸化作用が肌にも作用し、しわやしみができるのを防止します。また、紫外線などの肌への刺激から回復を促す効果があります。ココアは加齢に伴う肌トラブルにとても有効なのです。出来るだけ継続してココアを飲むことで、効果がより増すでしょう。

食欲を抑えてくれるダイエットの強い見方!

ココアは満腹感を与え、食欲を抑えてくれる効果があります。そのため、間食の代わりにしたり食前にゆっくり飲むと食べすぎを防止してくれます。砂糖や牛乳も適度に入れることで、血糖値が上がりその後の食事をうまくコントロールできます。

【ダイエットココアの入れ方】

少量のお湯に純ココア小さじ山盛り2杯、黒糖or甜菜糖orオリゴ糖を小さじ2杯入れよく混ぜ合わせます。牛乳を150ml入れレンジでチンして温めて終わりです。牛乳を豆乳に変えてもいいです。

コツは砂糖もダメ、牛乳も低脂肪乳じゃないとダメなど禁止事項を作りすぎないことです。満足できる美味しいココアを入れてやや少なめに飲むのがポイントです。

ストレスを緩和させる

美容と深く関わるストレス。ココアにはそんなストレスを緩和させる働きがあるのです。ココアの香り成分と体温上昇の効果で体の筋肉をほぐしてくれるのです。

また、ココアに含まれるテオブロミンという物質が脳内のセロトニンに働きかけ、リラックスを促すと言われています。さらにココアに豊富に含まれるポリフェノールはリラックスを促す効果があると言われています。

ココアを効果的に飲む方法

■ココアの種類

ココアの効果をより得るためには、なるべく無調整の純ココアを選ぶようにします。砂糖や粉乳が入っているココアだとカロリーが高いので、ダイエット効果も薄れてしまいます。

■ココアを飲む時間

ダイエット効果を得たい人は食前や食間に飲むことで、食べすぎを防止できます。また、夕食後に飲むことで、脂肪の吸収を抑える効果もあります。便秘改善のためには朝起きてすぐ飲むと腸が動くので効果的です。

■ココアの温度

なるべく温かいココアが効果的です。リラックスを促したり、冷えを改善させるためにもホットココアが有効です。温かいと一気の飲み干すことが出来ないので、ダイエットにもいいですね。

■ココアと一緒に入れるもの

なるべく白砂糖ではなく、黒糖や甜菜糖、オリゴ糖がよいです。ミネラルが豊富な黒糖や甜菜糖、ビフィズス菌などが含まれ腸内環境によいオリゴ糖を選ぶことで、より健康を意識した飲み物になります。

■ココアを飲む回数

いくら健康や美容によくても飲みすぎはよくありません。1日2杯程度までにしましょう。

ココアの美味しいレシピ

【美容】ゴマ&きなこ入りホットココア

ゴマのゴマリグナンときな粉の大豆イソフラボン、そしてココアのココアポリフェノール、全て抗酸化物質です。トリプルで摂ってアンチエイジングをしましょう!

~作り方~

1.純ココア小さじ3、ゴマ大さじ1、きな粉大さじ1を少量の50ccのお湯でよく溶く。

2.牛乳を150cc加えてレンジで2分チンします。

○甘みが足りないときは、少量の甜菜糖か三温糖を加えてもOK

○牛乳を豆乳に変えてもよいですよ

【血管若返り】生姜ココア

ココアで血管をしなやかにし、生姜の血流改善と代謝促進の効果をプラスして血管を若返らせるレシピです。

~作り方~

1.生姜をすりつぶして、小さじ1の絞り汁を用意する。

2.純ココア小さじ2をお湯150ccで溶かし、1の生姜を入れます。

3.牛乳、黒糖、はちみつなどお好みで入れて出来上がりです。

○朝に飲むと代謝が上がり、温まります。

【便秘解消】ココアとバナナスイーツ

便秘解消のためにヨーグルトとバナナも使用して、ココアの効果を高めるおやつです。ダイエットにも最適です。

~作り方~

1.バナナ1本を食べやすい大きさに切る。

2.バナナの上にヨーグルトとグラノーラを適量乗せる。

3.その上に純ココアを振りかけて出来上がりです。

○バナナはシュガースポット(黒い斑点)があるものの方が美味しいです。

○バナナにあまり甘さがない場合は、ヨーグルトを加糖のものにするとほんのり甘くて美味しいです。

【ダイエット】豆腐ココアアイス

ヘルシーな豆腐とココアをアイスにすることでダイエットに最適な満足スイーツができます!

~作り方~

1.豆腐半丁150gをキッチンペーパーに包んで水気を切る。

2.ミキサーに水気を切った豆腐と純ココア大さじ3、牛乳大さじ1、チョコソース(チョコレートを溶かしたもの)大さじ1、バニラエッセンス適量を入れ混ぜ合わせる。

3.よく混ぜた2をタッパーに入れて約3時間冷凍する。

○冷凍している間、何度か混ぜるとよりクリーミーになります。

○味は濃い方が美味しいです。

【集中力UP】シナモンココアトースト

朝食にココアを食べて集中力と記憶力を高めておきましょう!

~作り方~

1.純ココア小さじ1、グラニュー糖小さじ1、シナモン少々を混ぜ合わせる。

2.食パンやフランスパンなどお好みのパンにバターを塗り軽くトーストする。

3.トーストしたパンに1をふりかけてさらに少し焼いて出来上がり。

健康と美容にはココアが最適

ココアは健康にも美容にも最適です。しかも美味しいので、至れり尽くせりですね。こらからもココアを生活に取り入れて健康な体を維持しましょう!