オフィスや自宅での今の座り方は、本当に正しい座り方ですか?これから紹介する正しい姿勢で座るだけで、なんと疲れも解消し、美脚効果もアップするのです!正しい座り方を身につけて、あなたも美脚を目指しましょう。

痩せる座り方とは?

毎日のオフィスでのデスクワークや、自宅での座る習慣は、人それぞれありますよね。実は、この座る姿勢をきちんとした座り方に正すだけで、痩せる効果があるのです!

痩せる座り方にはポイントがありますが、一番重要なポイントとしては、「骨盤を立てる」ということです。その「骨盤を立てる」というポイントを中心に、色々な座り方を紹介していきます。

正しい座り方の前に、まずは日常的に座っている姿勢で、悪い座り方の例を紹介していきます。当てはまるものがあれば、今後注意して改善出来るようにしてみて下さい。

椅子の悪い座り方

オフィスなどでの椅子に座ってのデスクワークですが、この毎日の何気ない座り方の習慣が、実は身体に色々な影響を与えています。普段無意識で座っている姿勢ですが、この姿勢が悪い姿勢の場合、骨盤のズレなどが生じることもあり、そのために太りやすい身体になっている可能性があります。

背中をまるくして顎が出ている

事務仕事などをしている方に、多い姿勢ですが、つい仕事に夢中になり、猫背になってしまいます。猫背は、背中を丸めることで、腹筋を使わない姿勢となります。そのため、お腹や背中などの筋肉がどんどん落ちていきます。そして、ウエストラインなども崩れ、体のあらゆるところの筋肉が緊張したままで、コリが出でくることで、代謝も落ちて、代謝が落ちると老廃物も溜まり、痩せにくくなっていきます。

また、猫背の人は、顔が前に出るため、自然と顎がでます。そしてそれが続くと、猫背が癖になってしまいます。背中を丸めることで、脊柱に余分な力が入ってしまうため、脊柱の周辺や、肩などの筋肉が緊張します。なるべく顎を引いた状態で机に向かって下さい。ただし、力を入れ過ぎて顎を引くと、逆に肩こりや首こりになってしまう場合があるので、肩や背中に力が入らないように、注意して下さい。

背もたれによりかかっている

イスなどの背もたれにいつも重心を預けてしまい、よりかかっている場合もあると思います。
この状態は、体が全体的に、後屈してしまい、重心がずれることが原因で、骨盤にずれが生じてきます。また、背もたれに持たれるということは、体の筋肉の使い方も変わり、骨盤がずれお尻や下腹部の筋肉も使わないので、いつもゆるみっぱなしになるということです。力を入れないと贅肉も付きやすいため、背もたれにかかってしまうのはやめましょう。

足を組む癖で骨格筋のゆがみをつくっている

ついくせで、普段から足を組んでいませんか?足を組むと、偏った姿勢となり、筋肉や骨などにかかる力なども左右が変わってくることで、脊柱も骨盤も筋肉などに引っ張られ、正常な位置を保つことができなくなると言われています。

足を組むことで、腸骨に負荷をかけてしまい、おしりの筋肉が広がることで、骨盤は開くといわれています。骨盤が開くと、下腹も腹筋が緩み出できます。そして、足を組むことで、血液やリンパ液の流れが阻害され、老廃物などが足に溜まってしまった結果むくみが起こってしまうと言われています。

また、体幹の筋肉のバランスが変わります。それによっておなかが出てきたり、下半身ばかりが太くなったりと、ボディバランスがくるってくると言われています。体重も腰の方へ落ちるために、腰に負担がかかり、腰を痛める原因にもなるのです。このようなことから、骨の歪みが発生した場合、XO脚やO脚などにもなる可能性もあります。

サイズの合わない椅子に座る

同じ椅子に長時間座らなくてはならないこともよくあると思います。そんな時は、できるだけ自分の正しい座る姿勢を維持できるように工夫しましょう。合わない椅子に長時間座ることは、姿勢が悪くなるため、脊柱、骨盤などに負担をかけ、また、血行なども悪くなるため、体のあちこちに痛みやコリが出てきます。疲れも出ることからさらに姿勢が悪くなる可能性があります。

良い椅子の座り方は、体幹を無理なくまっすぐと保つことができるようにすることです。椅子には深く腰をかけ、背中と背もたれの間にあまり隙間がないようにする、また足の裏は地面につき、ひざ、腰、ひじがどれも90度になるようにする。顔は正面まっすくと向けるようにすると体の骨格がゆがみにくいといわれています。

この状態にするために、座布団や専用のクッションなどがいろいろと商品開発されています。必要なら、工夫して使用してみてください。

床での悪い座り方

自宅などの場合には、スペース上の問題で床で座ることが多い人もいるでしょう。床での座り方にも痩せる座り方があります。床での座り方も注意をしなければ、骨盤の歪みや筋力低下をまねき、身体のバランスも崩れてしまう可能性があるので、きちんとした正しい座り方を心がけるようにしましょう。

横座り

両足を横にずらして、座る座り方で、偏った方へ足をだし座る形となるので、骨盤の位置も、脊柱の位置も偏った方へ圧力がかかりねじれやすくなるといわれています。
筋肉の張り方も左右違うため、明らかに腰の高さが変わっていたりすることもあるようです。

よく横座りをする人は、同じ方向ばかりで横座りをしてしまうなど癖になっている人もいるようです。

女の子座り

女の子座りとは、正座をした状態から両足を外へ出し、お尻を地面に付ける座り方のことです。呼び名の通り、女性や子供に多く見られる座り方で、女の子座りをしてしまうと、股関節や骨盤にかかる負担が大きくなり、骨盤の左右どちらかに歪みが生じる恐れがあるので、注意して下さい。

また、このような座り方によって、本来逆三角形(ハート型)の骨盤が、四角形に変形してしまう場合があり、骨盤の変形によって、骨盤の歪みにつながり姿勢も悪くなる、という悪循環になってしまいます。

また、女性の場合は、子宮にも影響を与えてしまう場合もあるようです。このような座り方は、おそらく昔からの習慣になっている人も多いので、今後はなるべくこのような座り方はしないように、習慣付けるようにした方が良いでしょう。

正座

正座は、足に良くないとも言われていますが、実はメリット・デメリットのどちらもある座り方です。以下にそのメリットとデメリットを上げていきます。

・メリット

両足を降り、ひざをそろえて座り、下半身を安定させるために自然と背中が伸びるため猫背になりにくく、腰にも負担がかかりにくいようです。また、太ももの筋肉を使うため、太腿の筋力を鍛えることができる効果も期待されているようです。

・デメリット

かかとが外側に向いた状態で体重をかけるため、膝がねじれる、また膝を折って座るため、膝に負担がかかる。屈曲させるところが多いため、足の神経が圧迫されてしびれや血流を遮断することでむくみが起こる場合がある。膝などに負荷がかかるため成長期に正座をしすぎると、骨の成長に影響して、足が短くなる可能性がある

メリットもありますが、足が短くなるや、浮腫みが出ることで太くなることを考えると、足を美しく保ちたい人は避けた方がいいかも知れません。

あぐら

あぐらを組んで座ると、バランスをとるため、骨盤が寝てしまい、寝てしまった状態骨盤で、上半身の体重を支えることになり、それが積み重なると以下のような状態になってしまいます。

骨盤をきちんと立てて座るためには、筋力が必要です。しかしなかなか正しいあぐらの体制はとりにくく、骨盤が歪みやすいです。また、左右の膝の角度も違った形で負荷がかかるため、足の歪みが出やすいといわれています。血液を圧迫することがあり、血行不良になって足がむくみやすくなる。

このようなことにならないように、もし、あぐらで座るときは、骨盤を立てて座れるように、おしりの下に硬めのクッションを入れるなど、工夫するといいといわれています。また、長時間のあぐらは下半身の血行を悪くし、滞らせる原因にもなるので、こまめに体勢を変えるように心がけて下さい。

骨盤が歪んでいないかチェック!

骨盤のゆがみセルフチェック

このように、日常的な座る姿勢が悪いと、この悪習慣により既に骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤が歪んでいないか、一度簡単なセルフチェックを行ってみるのもよいかもしれません。以下にセルフチェックリストを上げてみました。

骨盤のゆがみセルフチェック

1.スカートのまわる方向が同じ
2.片足に重心をかけて立つ癖がある
3.片足だけが長い
4.片方の肩が上がっている
5.ウエストのくびれの高さに左右差がある。
5.ネックレスがくるくると回ってしまう
6.座ると膝が開き、足も開いてしまう。
7.仰向けに寝て、足をくっつけ一気に力を抜いたときに左右均等なV字にならない。
8.仰向けに寝ると、腰が床につかない。
9.片方のくつの外側だけがいつもすり減る
10.下半身が特に太っている。

これらのうちの一つでも当てはまるものがあれば、おそらく骨盤が歪んでいる可能性があります。この骨盤の歪みを治すためにも、次から紹介する正しい座り方をぜひ試してみるようにして下さい。ゆがみが大きくなればなるほど、足がO脚になったり、X脚やXO脚などになってしまう可能性があります。今までの習慣の悪い座り方が生み出してしまった悪循環を断ち切るためにも、正しい姿勢を日頃から意識してみるようにしましょう。

痩せる座り方

このように、日常での悪い座り方や姿勢を正すために、次からは椅子・床それぞれの正しい座り方、痩せる座り方を紹介します。前述したような座り方や姿勢をしている人は、この機会に改善出来るように日々意識してみてはいかがでしょうか。

椅子の痩せる座り方

まずは、椅子の真ん中より少し奥の方に座って、背もたれに背中が当たらない距離に腰掛ける。この時背もたれがなくしんどいようであれば、腰の部分にクッションを入れ腰椎に負担がかからないよう補助してあげると楽に座れます。

また、骨盤立てて、お腹と背なかに力を入れ座る。体重を中心にかけるようにして両足を自然な形にしておろす。この時に足は組んだり、広げたりせず、まっすぐにおろす。足底を床につけ、ひざもできるだけくっつけるように座る。

このような事に気を付けて座ると、自然と姿勢も改善されるでしょう。また、癖が強過ぎて難しいと思う人は、骨盤クッションを利用するのも良い方法です。

注意点

ただし、普段使っていない筋肉を使うので、始めたばかりの頃はすぐに疲れてしまうので、そのような時には無理をせず、疲れたら休憩をするようにして下さい。まずは、自分で続けることが可能な時間だけ(例えば5分だけなど)、姿勢をキープするようにしましょう。

最初は難しく思えますが、段々となれてくれば無意識のうちに出来るようになります。継続することが大切なので、最初から無理はせずにずっと続けられるように工夫することが大事です。

床の痩せる座り方

骨格に負担のかからない座り方は、長座と言って、両足を前に自然に投げ出して座る方法です。次に正座をいいといわれていますが、長座との違いは、血液やリンパなどの循環を阻害してしまう可能性があったり、ひざの悪い方などには不向きなので、一番のおすすめとは言えません。しかし、正座のメリットは背筋も伸び、腹筋や太ももの筋肉が鍛えられるので良い効果もあります。しかし一番は、長座の方がおススメです。

長座の座り方は、両足を前に投げ出し、両足のかかとをそろえる。おしりの穴をしめるイメージで、おしりの筋肉を緊張させ、骨盤を立てるようにし、両ひざはできるだけくっつけるように意識する。そして背筋を伸ばし顎を引くときれいに座れます。

しかし、長座は姿勢を維持するのがむずかしいため、可能であれば椅子を使ってきれいに座る方が効果的といわれています。

電車での痩せる座り方

また、電車での痩せる座り方も紹介します。

腹筋と骨盤を意識する

腹筋の下の方に力を入れるようにし、骨盤の上に体重を乗せる感覚で座ると、自然と太ももと股関節のあたりに力が入り、下半身全体が鍛えられます。常に鍛えたい部分を意識することで、筋肉を緊張させて鍛えることができます。

両足をぴったり閉じる

こちらは痩せる椅子の座り方と同様で、内転筋を鍛えることができます。椅子に座った先には、意識をしないとつい開いてしまいがちなので、普段の生活の中で意識するようにすると、内転筋が鍛えられ美脚へとつながります。

足をクロスし、内ももをシェイプする

座ったときに足先をクロスし、膝と膝を押し合います。押し合った際に、内ももが硬くなっていればOKです。左右交互に行って下さい。内ももの筋肉が鍛えられ、それにより内ももをうまく使って歩けるようになると、O脚や骨盤の歪みなども改善でき、太もものシェイプアップにもなり、一石二鳥です。

両足のかかとを上げ下げする

正しい座り方で座り、つま先とかかとをつけたまま、ふくらはぎに力を入れてかかとを10回上げ下げします。さらに、膝に両手をあて圧をかけながら、かかとを上げ下げすると、引き締め効果が上がります。この時、背筋が曲がらないようにして下さい。ふくらはぎを鍛えて筋肉量をアップすることにより、心臓へ血液を送るポンプの働きが強くなり、むくみ改善や、代謝をアップする効果があります!

電車の中で座っている際にも、こんなにこっそり鍛えることができるんですね。やはり、日々の小さな積み重ねが痩せることや美脚へとつながっているのではないでしょうか。

まとめ

このように、普段の座り方が悪い座り方となってしまっている人の方が、おそらく多いのではないでしょうか。悪い座り方の習慣がまねくものは、骨盤のずれから筋肉低下など、今はまだ何も感じなくとも、年をとるごとに身体への影響が大きくなっていきます。

悪い習慣を治すのであれば、早めに・なるべく若いうちから矯正しておいた方が、治るのも早く身体に負担もかかりません。もし、現在がこちらで紹介したような悪い座り方になっているようであれば、まずはその習慣から痩せる座り方(正しい骨盤の位置・筋肉の使い方が出来る座り方)を意識するように心がけて下さい。きっと続けるうちに、いつの間にか正しい姿勢が習慣となり、それと同時に痩せる効果や美脚までもが手に入ることでしょう。

ただし、今までの習慣から変えるのには時間がかかるので、くれぐれも無理はしないように自分のペースで進めて下さい。時間が短くても、継続することで効果がでるので、根気よく続けるようにしましょう。