ダイエットをして様々な制限の中で生活すると、どうしてもイライラしてしまうことが多くなりますよね。ダイエットをしてきれいになりたいのに、それまでの道のりが辛い。ダイエット中イライラしている自分が嫌。など思ったことはありませんか?そんなイライラの原因と解決法をご紹介します。

1.無理に食事制限をしてイライラしている

厳しい食事制限は辛くなる

食事制限は、「炭水化物禁止」「甘いもの禁止」など決めることは簡単ですが、実際長い期間続けるのは辛いですよね。
1日1食置き換えダイエットや週に何日か食事制限を行うダイエットは地道に長く続けられる方が多いですが、毎日毎日ずっと無理な食事制限をかけるダイエットはかなり体に悪く、だんだんとイライラが溜まってしまいます。食事のバランスが取れていなく栄養が足りていないという理由もありますし、血糖値が下がっているという理由も挙げられますが一番の理由は「我慢するから」です。我慢は短時間ならゴールがすぐ近くにあるのでできますが、ダイエットはゴールがなかなか見えないものです。どうしても長い間我慢しなければならなくてイライラしてしまう方が多いのではないでしょうか。

おすすめの解決法

食事制限でイライラしてしまう方におすすめの解決策は、「1日の食事の回数を増やすこと」です。食事制限とは、食事の量を減らして1日に摂取するカロリーを減らそうというものです。イライラの原因は空腹感から来ているのかもしれません。食事の回数を増やして、空腹を感じる時間を減らしましょう。回数を増やすといっても、何回も通常量の食事をするのではなく、1日の摂取カロリーを考えた上でこまめに少しずつ食事をするというものです。全く何も食べないと決めている方は野菜ジュースや無添加のフルーツジュース、もしくは水を飲んで空腹感を紛らわすようにしてください。

2.痩せない体にイライラしている

なぜなかなか痩せないの?

私たちの身体は「危機状態に陥らないように」と勝手にストップをかけます。たとえば、食事制限を行うダイエットをして何日か食事を抜いたら、最初は少し痩せたと思ってもその後体重がなかなか落ちなくなるのです。これは、身体が勝手に「これ以上食べ物が食べれない状態が続くと生命維持に危険が及ぶ」と判断して体重が減らないように操作するのです。長期間ダイエットを続けられたとしても、なかなか体重が減らなくなる停滞期というものが必ずあります。停滞期も痩せていく身体が危機状態と思い込み、少ない食事から多くの栄養を吸収しようとエネルギー吸収率を上げることで起こるのです。早く痩せたいという気持ちとは裏腹に、身体は健康状態を維持しようとなかなか体重が落ちないような機能を働かせてしまうんですね。

長期的に考えよう

「どうせダイエットをしても痩せないんだ」と思い込んで食事をいつも通りに食べると、痩せた分の体重がすぐ元に戻ってしまう。痩せた分以上に体重が増えてしまう場合もあります。これがリバウンドです。無理な食事制限で行うダイエットがリバウンドしやすいのは、身体が持っている性質が原因なのかもしれません。無理なダイエットは禁物です。体の機能を生かしたあなたに合ったダイエットを実践しましょう。長い期間ダイエットをしても全然効果が出ないという方も、健康を守る身体の力が強いだけかもしれません。すぐ結果を出すことに拘らずに、長期的に考えてもう少し続けてみてはいかがでしょうか。

3.糖質抜きダイエットはイライラの原因

低糖質ダイエットや糖質カットのダイエットは、ストレス物質が体に溜まってしまいどうしてもイライラしてしまいます。糖質制限はダイエットで必須ですが、糖質不足はイライラしてしまうに決まっています。
そんな「仕方がない時」は、イライラしないように予防を考えるよりも、イライラしたときはどうするのか?対策を考えておきましょう。
たとえば、運動をすると脳も体も疲労し夜ぐっすり眠ることができて、身体の巡りが良くなります。運動をしてストレスを発散したり、大声を出すのも良いでしょう。カラオケへ行くのはどうでしょうか?人は大声を出すと、夜眠っている間にストレス物質が通常よりも3割ほど多くなくなると言われています。大声を出してストレスを発散して、糖質ダイエットを成功させましょう。

4.ビタミンB1が不足するとイライラの原因に!

ビタミンB1は、疲れやストレスと関係性の深い成分です。お米やパン、砂糖などの糖質をエネルギーに変える働きを持っている栄養素で、お米が主食な日本人には欠かせない成分です。筋肉の疲労を回復させるのもビタミンB1の役目ですし、疲労回復を助ける働きや、皮膚・粘膜の健康を維持する働きがあります。糖質をエネルギー源とする脳神経系を正常に動かすためには、ビタミンB1が欠かせません。そんなビタミンB1が不足すると人はイライラしてしまいます。
ビタミンB1は、豚ひれ肉に一番多く含まれています。生ハムや豚もも肉もそうですが、きなこやたらこなど意外な物にもビタミンB1が多く含まれているので、この食品を覚えて、イライラしたらダイエット食に取り入れるようにしましょう。豚もも肉などは茹でてさっぱりとしたメイン料理にしても良いですね。

5.協力者がいないことも原因のひとつ?

基本的にダイエットをしているのは自分一人です。周りには「痩せなくていいじゃん」「ダイエットなんてする必要ないよ!」と言ってくれる人もいると思いますが、「でも痩せてきれいになりたい」と思ってしまいますよね。協力者や理解者がいない場合、1人きりで悩んで我慢をする状態が続いて、イライラが溜まってしまいます。応援してくれる人がいれば、気を紛らわすことができますし、相談も気軽にできます。同じようにダイエットをしている人がいれば、お互い情報を教えあうこともできますし、痩せるという意識を保つこともできます。
ダイエットの成功の秘訣に「公言すること」があります。ダイエットをして痩せると公言すると、自分のモチベーションを高める効果もありますし、溜め込まない分イライラも軽減します。まずは、公言してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ダイエット中にイライラしたら、一番手っ取り早い解決法は「人に話すこと」です。上手くいかない、どうすればいいかなど自分に近い存在である友人や家族に相談してみましょう。イライラに打ち勝って、自分に合ったストレスフリーなダイエット法でしっかり成功させましょう。