多くの人がダイエットをしたいと思っている中、ガリガリだから太りたいという悩みを抱えている人もいますよね。そんな人が健康的に太る方法を紹介します。痩せすぎを改善して、自分の理想のスタイルになる努力をしてみましょう。

体重を増やす方法を知りたいと思っている人は意外と多い!?

ダイエットをして、少しでも体重を減らしたいと考えている人は多いですよね。そのため、頻繁にダイエットを行っている人は少なくありません。しかし、中には自分が痩せ体質で食べても体重を増やすことができないことにコンプレックスを持っている人もいるのでます。

体重を減らしたいと考えている人にとってはぜいたくな悩みだなんて思うかもしれません。しかし、このような人たちが抱えている悩みも意外と深刻だと言われています。どんなに頑張っても体重を増やすことができないということが大きな悩みになっているかと思います。

そんな人が体重を増やす方法を紹介します。ただ、この時に体重を増やして痩せている体型から脱出するだけでは意味がありませんよね。ただ単に体重を増やすというのではなく、なるべく健康的に体重を増やしたいと考える人も少なくないのです。

そこで、健康的に体重を増やす方法を紹介します。自分にあった体重を増やす方法を見つけて、理想の身体を手に入れる努力をしてみてください。

太る人と太らない人の差ってなに?原理をしっかりと理解しよう

世の中には、すぐに体重が増える人と頑張っても太らないという人がいますよね。同じ人間なのに何かを違うのだろうと疑問に思ったことはありませんか?健康的に太る方法を知りたいという人は、まず人間が太る原理をしっかりと把握しておくようにしましょう。

太るメカニズムとして、取り入れたエネルギーから消費したエネルギーを引いたエネルギーが結果的に太るエネルギーになると言われています。そのため、太りたいと考えている人は2つのことを注意をしながら日常生活を送るようにしなければいけないのです。

1つ目は「いかに摂取するエネルギーを増やすことができるのか」ということになります。摂取するエネルギーが少なければ、日常生活の中での活動によってエネルギーがほとんど消費されるようになってしまいますよね。そのため、消費されても余るほどのエネルギーを摂取する必要があるということを頭の中に入れておきましょう。

もう1つは「いかに消費するエネルギーを減らすことができるのか」ということになります。どれだけエネルギーを摂取するようになっても、そのエネルギーを全て消費してしまえば太ることは難しくなってしまいます。この2つのことに注意をしながら健康的に太る方法を参考にしてみてください。

摂取エネルギーを増やす準備

冷たい飲み物や生野菜は控える

まず、太るためには栄養摂取が効率的に行われかつ、それが体内で簡単に燃焼される事無く、体に身に付く事が大前提になると考えてください。そのために、注意すべきポイントをここでは2つ紹介しておきましょう。

まず一つ目に体を冷やす飲み物や食べもの、すなわち生野菜のような物などは太ろうと思っている方は控える事が大事だと考えられます。生野菜や冷たい飲み物は人の体温を一時的に下げる効果があるとされています。

すると、人間の免疫機能が体温低下を改善しようと、活発に働き体温を上昇させようとするのです。この結果、体温が普段よりも高く上昇し、その分体内にある脂肪がその熱により燃焼してしまい、また身体に取り入れた物も体内に貯蔵できず燃焼してしまうことがあるのです。

そのため、太りたい人はこのような体温を一時的に低下させてしまう恐れのある物の摂取を控えるようにしましょう。冷たいものはNGですが、もちろん、野菜の摂取は健康維持のためにも大事なので、太りたい人はなるべく温野菜にして食べるようにしましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを抱えていると、中々太れなくなることがあるようです。というのも、ストレスを溜めた状態でたくさん食べても、胃や腸の中で上手くエネルギーを処理できずにほとんどの物が体内に残ることなく下痢などで大事な栄養素などが蓄えられず流れてしまう人もいます。

また、ストレスで食事への意欲が無くなり極端に少食になり、結果として栄養不足に陥り、痩せこけてしまう人もいます。そのため、ストレスをうまく処理したうえで、食事をしっかりと摂る事をしなければ、あなたが太らない体質である場合、ただたくさん食べ物を食べても太る事はできないでしょう。

健康的に太る方法7選

筋肉をつけるようにする

健康的に太りたいと考えている場合には、まず筋肉をつける努力を行いましょう。ただ、食べ物をたくさん食べて脂肪を蓄えるというような太り方は「健康的」だということは難しいですよね。適度に筋肉がつけられるように、筋トレやトレーニングなどを行うようにしてみてください。

「なぜ太るためには筋肉が必要なの?」と思う人もいるかと思います。筋肉が程よく付いていることで、身体の中にある老廃物をしっかりと排出することができると言われています。どんな体型でも、身体の中に老廃物が溜まっている状態では「健康的」だということはできませんよね。

また、身体の中に老廃物が溜まっていることが原因でむくみなどの症状が現れるようになることもあるようです。このようなことから、太りたいという人でも、健康的に太るためにはある程度の筋肉をつけるようにする必要があると判断することができますよね。

また、筋肉は脂肪よりも重量があると言われています。そのため、同じ体型だったとしても筋肉がつくようになることで、体重を増加させることができるようになるのです。

バランスの良い食事を摂る

健康的に太りたいと言うのならば、バランスの良い食事を摂るということはとても大切になります。太りたいからといって、カロリーが高いものばかりを食べていては、食生活が乱れて不健康な太り方になってしまいますよね。食べれば食べるほど太るようになることは摂取カロリーを多くするという部分を参考にすると明らかなことだと判断することができます。

しかし、ただ単にたくさん食べて太るという方法は、健康面を考慮するとおすすめはできません。健康的に太りたいと考えているのなら、しっかりとバランスの良い食事を摂るように心がけましょう。ダイエットをして体重を落としたいという人は、食事制限を行うようになりますよね。

しかし、このような状況になることで身体が省エネモードになってしまうのです。このようなことが原因でエネルギー不足を引き起こす可能性もあると言われています。食生活が乱れることで、ホルモンのバランスが乱れるようになる可能性も考えられます。

そのため、太るためにも痩せるためにもバランスの良い食事というものは欠かすことができないのです。バランスの良い栄養のある食事を摂るようになれば、身体がより健康な状態になりエネルギーをしっかりと蓄えることができるようになります。また、これに加えて運動を行うようにすれば、新陳代謝を活発にしてより健康的なバランスのとれた体型に近づくことができると言われていますよ。

無酸素運動を取り入れる

運動は大きく分けて2種類に分けることができます。それは「有酸素運動」と「無酸素運動」です。ダイエットを行うためには「有酸素運動」がより効果的な運動だと言われていますよね。しかし、太りたいという場合には「無酸素運動」を積極的に行うようにしましょう。

無酸素運動は身体に筋肉をつけることができるようになるのです。そのため、筋肉をつけてよりバランスの良い体型を目指すことができるようになるとも言われています。無酸素運動の代表的なものとして、腕立て伏せや運動ベンチプレス、懸垂、腹筋などの筋肉を瞬発的に動かすような運動となります。

健康のためだからと言って有酸素運動を取り入れるようになると、太ることが目的なのにどんどん痩せていってしまう可能性もあるため注意をしましょう。何が有酸素運動で何が無酸素運動なのかをしっかりと把握した上で運動を行うようにできるといいですね。また、運動を行った後には、積極的にタンパク質を摂取するように心がけましょう。

十分な睡眠をとる

太るためにはしっかりと睡眠をとるようにすることも大切だと言われています。「寝る子は育つ」という言葉を聞いたことがある人は多いかと思います。これは、単なる言葉ではなく本当にしっかりと睡眠をとるようになることで身体を成長させることができるようになるのです。

睡眠を十分にとるようになることで、成長ホルモンが活発に分泌されるようになりますよね。この成長ホルモンによって細胞の活性化を促進させることができるようになります。このようなことが理由となって、筋力をアップさせたり肌の調子を整えることができると言われています。

そのため、健康的で綺麗な身体を手に入れるためにも十分な睡眠は欠かすことができないのです。この時にただ長い時間寝ればいいというものではないということを忘れないようにしましょう。質の良い睡眠を行うためには、寝る前に十分にリラックス状態になる必要があります。

そのため、しっかりと湯船に浸かってリラックスをしたり、寝る前にストレッチなどを行うようにできるといいですね。また、寝る前に糖質を摂るようにすることで寝ている間にしっかりと吸収されるようになるそうです。太りたいと考えている人は、このような睡眠の性質を活用するようにしてみてください。

内臓の位置を正常に戻す

太りたいと考えているのなら、内臓の位置を正常に戻すということも大切になります。胃下垂である人は、そうでない人に比べて太りにくいと言われていますよね。このように姿勢が悪くなっていたり、内臓の位置がズレていることが原因で太れない体質になっていまっていることも考えられます。

そのため、内臓の位置を正常に戻すということも大切なのです。そのためには、常に姿勢の良い状態で過ごすようにしたり、身体の矯正を行うようにできるといいですね。健康的に太りたいという時には、自分の体型をしっかりと理解しておく必要もあるのです。

また、健康的に太るためには骨格からアプローチをするようにするといいという考えもあるようです。そのため、より健康的に太るために専用のカイロなどを活用するようにしてもいいかもしれませんね。

大きな筋肉(大筋群)を重点的に鍛える

先程少し説明させていただきましたが、筋肉を付けることは体重も増やせ、かつ体全体を大きく見せることができる、とてもお勧めの方法と言えます。しかし、体には様々な箇所に筋肉があり、どこを鍛えれば効果的に体重を増やせるか、また体を大きく見せる事ができるか、わからないという方も多いと思います。

そんな方には大筋群と呼ばれる箇所の筋肉をまず優先的に鍛える事をお勧めします。この大筋群は主に大胸筋・広背筋・僧帽筋・大腿四頭筋・ハムストリングスなどの筋肉の事を指します。これらの箇所は身体の筋面積が大きいので、そこを集中的に鍛えることで、自動的に体も大きくすることができ、体重も増やす事ができるのです。

是非、大筋群を鍛えて体を大きくしましょう。

超回復のための栄養摂取を意識する

超回復という言葉を聞いたことがありますでしょうか。この言葉は筋トレをしている方達にはなじみの深い言葉なのですが、超回復とは筋トレによって壊された筋肉が修復され、今まで以上に大きな筋肉として生まれ変わろうとしている時のことを意味する言葉なのです。

この期間は栄養摂取が最も重視される期間と言われています。というのも、筋肉が修復され、大きくなるには何よりも体内に十分な栄養があることが必須なのです。そのため、この期間に適切な栄養摂取をするかどうかで、壊した筋肉が大きくなるか否かが決まってしまうと言われているのです。

筋トレをして、体を効率的に大きくしたいと考えているのなら、筋トレ後のこの様な期間にはしっかりと普段以上に栄養を摂取しましょう。この期間はとても栄養の吸収率が高くなっているので、しっかりと摂る事で筋肥大を十分期待する事ができます。

この様な場合、特に筋肉の元となるタンパク質、アミノ酸などをプロテインや食事からたくさん摂る様にしましょう。

食事に気をつけて太る方法

3食しっかりと食べるようにする

太りたいと考えている場合には、3食しっかりと摂取するようにすることを忘れないようにしましょう。毎日忙しいからという理由で朝食を抜いてしまってはいませんか?寝る前にたくさん食べるようにしても、朝食を食べなければ意味がありません。

夜に摂取したエネルギーは昼食を食べる頃には全て消費されてしまっているかもしれませんね。今まで朝食を食べていなかった人がいきなりたくさんの朝食を食べることは難しいかと思います。そのため食べやすくてエネルギーが大きいものを積極的に食べるようにしましょう。

ダイエット食品だと思われがちのフルグラは意外とエネルギーが大きいので、朝食におすすめですよ。このようなものなら、気軽に朝食として食べることができるようになるかもしれませんね。

夕食の量を増やす

太る方法として、夕食の量を増やすという方法が挙げられます。夜は食べ物から摂取したエネルギーをより吸収する時間帯だと言われています。そのため、ダイエットをしている人は、夕食をとらなかったり減らすような方法を行っていますよね。

反対に太りたいたいのなら、これを有効活用してなるべくたくさんのエネルギーを摂取するように心がけましょう。ただ、だからといって食べ過ぎないように注意をしましょう。無理をしてたくさん食べるようになると胃もたれを引き起こす可能性も考えられます。

そうなれば翌日の食欲がなくなってしまいますよね。結果的にこれが原因でまた痩せていくということもあるようです。そのため、いきなり食べる量を増やすのではなく、少しずつ食べる量を増やしていくようにしましょう。

ご飯の量を増やす

太りたいという人は、白米を積極的に食べるようにしましょう。炭水化物ダイエットというものがありますよね。これは炭水化物の摂取を控えるようにすることで、太りにくくするというダイエット方法です。しかし、太りたい人が炭水化物を控えるようにしても意味がありません。

反対にたくさん食べるようにすることが大切だということを頭の中に入れておくようにしましょう。また、白米には炭水化物だけではなく健康を維持するさまざまな栄養素が含まれています。そのため、白米を少しずつたくさん食べるようにすることで健康的に太ることができるようになるのです。

脂質を摂るならココナッツオイルがおすすめ

たくさんの物を食べても、中々太れない人はよく体質としての問題を抱えていることがあります。その一つとして、肝臓における問題が挙げられます。肝臓は一般的に体に必要な蛋白の合成、栄養の貯蔵、有害物質の解毒・分解などを担う器官と言われています。

そのため、食事で摂取した栄養を体内に吸収することにおいては、とても重要な役割を果たしていると言って良いでしょう。そして、その肝臓がうまく機能しておらず、そのため十分な栄養を体内に取り込めないという事は中々太れない人には良くある事なのです。

こういった肝臓に問題がある場合はできるだけ肝臓に負担のかからない食べ物を食べる必要があるのですが、中でも特に油には気を付ける必要があるのです。油は非常に肝臓に負担を与え、弱った肝臓はそれをうまく消化できないばかりか、余計に肝臓自体が弱くなってしまう恐れがあるのです。

しかし、油は体にとって、そして太るためにはとても必要な物と言えるので、それを取らないという事もおすすめしません。そのため、この様な人は肝臓に負担のかからない油を取りながら栄養を積極的に摂っていく事をお勧めします。そのうえで役に立つのがココナッツオイルです。

ココナッツオイルは中鎖脂肪酸という油が大量に含まれており、肝臓で楽に分解される特性があるのです。この様な油をしっかりと摂りながら、食事で多くの物を食べていくことが肝臓に負担を与えず、体内に多くの栄養をしっかりと吸収し、体重を健康的に増やしていくうえでとても理想的なのです。

食べて太るには「胃」の健康が重要

胃の調子を整えるためには

上で肝臓について触れましたが、もちろん栄養を吸収し、しっかりと体内に取り入れるためには胃の調子も健全でないといけません。そのため、太りたいと思っている人は胃の管理についても人一倍強い関心を持つようにしましょう。

胃をしっかりと健全にしておくためにもストレス解消をしっかりとこころがけ、暴飲暴食を控えることはとても大切と言えます。胃は非常に精神の影響を受けやすい器官と言われています。そのため、ストレスを抱えた状態だとうまく機能しなくなったりして、栄養を十分に取りこめなくなることや消化不良を起こしてしまう事があるのです。

また、暴飲暴食などにより、直接的に胃に対して刺激を与えることも胃の調子をおかしくさせてしまう原因になってしまうのです。人それぞれ、胃にはキャパシティーがあります。それを超えると、胃はそれらを処理することができず、栄養を吸収し消化する事ができないどころか、胃自体が深刻なダメージを受けてしまう事になる恐れがあります。

基本的にはこの二つを気をつけることで胃の調子はある程度保たれるのですが、こういった事に注意してもなお胃の調子が日常的に悪いと感じる様であるなら、胃腸薬の使用や胃腸科を診断するなど、医療的な処置を考えてみるのもいいかもしれません。

筋力をアップさせて綺麗に太る方法は「プロテイン」

筋トレを行うことで、より健康的に綺麗に太ることができると言われています。ただ、運動が苦手だという人も中にはいますよね。このような人は、プロテインを有効活用できるようになるといいかと思います。

プロテインを活用することで、普通に筋トレを行った時よりも筋力をアップさせることができるようになるかもしれませんね。ただプロテインはいつ飲んでも効果か同じというわけではありません。太るためにどの程度のプロテインを摂取していつ飲むようにするべきなのかということを頭の中に入れておくようにしましょう。

一日に摂取する理想的なプロテインの量

人間が1回に摂取することができるタンパク質の量は「体重×0.7g」だと言われています。それ以上タンパク質を摂取したとしても、身体の中で吸収することが出来ずに外に排出されるようになってしまうのです。例えば体重が50kgである場合にはこの計算をもとにして35g程度だということがわかりますよね。

また、一日に摂取できる限界量というものもあります。これは「体重×2.0g」となっています。このようなことから、体重50kgであれば100gのタンパク質を一日に摂取することができると判断することができますよね。

これは、プロテインの量ではなくタンパク質の量となっています。活用するプロテインによってタンパク質の含有量は異なるため、プロテインに合わせて摂取する量を調節するようにしましょう。また、必要以上にタンパク質を摂取するようになると肝臓や腎臓に負担をかける可能性もあるため注意をしましょう。

プロテインを飲む理想的な時間

プロテインが身体に吸収されやすくなるゴールデンタイムは2つあると言われています。1つ目は、運動をする一時間前、または運動をした1時間後となっています。この時間帯にプロテインを活用するようになることで、より筋肉に栄養が行き渡りやすくなると言われています。

もう1つは睡眠をする2時間前です。人間の身体は寝ているときに最も成長したり回復すると言われています。そのため、この時にプロテインを活用することでより効果が高くなるそうです。太りたい人は、身体が最も吸収さしやすい時に栄養を摂取することが大切だと言われています。

また、プロテインを飲んでお腹いっぱいになってしまえは満足に食事を摂ることができなくなってしまいますよね。そのため、運動の1時間前と夕食後に飲むようにできるといいかと思います。

プロテインを牛乳で飲めばより太りやすくなる

プロテインを飲む際には、なるべく牛乳と混ぜて飲むようにしてみてください。もちろん水やスポーツドリンクに溶かすようにしても効果は変わりません。しかし、牛乳にはタンパク質以外にもカルシウムやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているのです。

また牛乳は200mlで約134キロカロリーもあると言われています。その為、太るための相乗効果が期待できると言われています。このようなことから牛乳に混ぜて飲むようにすることで、栄養を補給しながらより健康的に太ることができるようになるかもしれませんね。また、太るためにはたくさんの栄養素が必要だということを忘れないようにしましょう。

ただ、水に溶かす時に比べて、溶けにくい場合もあります。その為しっかりとシェイクして十分に溶かすように心がけてくださいね。また、ある程度体重が増えてきたら牛乳を豆乳に変えるようにしてもいいかと思います。

太りたいという場合には、男性だけではなく女性もプロテインを有効活用できるようになるといいかと思います。プロテインを活用することで、綺麗で健康的な身体を手に入れることができるとされていますよ。プロテインはさまざまなものが販売されているので、自分にあったものを見つけるようにしましょう。

太る方法は痩せる方法の反対!?

このように太る方法を行いたいという場合には、いくつかのことに注意をしながら自分なりに太る努力を行うことが大切ですよ。また、ただ食べればいいということでもないため注意をしましょう。運動を行ったり、規則正しい生活を送るようにして健康的に太るようにしてみてくださいね。