ミランダ・カーが産後のダイエットに役立てたというレモン水ダイエットの魅力を知れば、今日からすぐにでもトライしたくなっちゃうかも。8つのダイエット効果と3つの美容・健康効果、そしてレモン水ダイエットのやり方をご紹介します。

話題のレモン水ダイエットとは?

レモンといえば酸っぱいフルーツというイメージでしょうか?紅茶に添えたり、鶏の唐揚げに絞ったり、塩レモンで調味したり、脇役として活躍することが多いですが、レモンを侮るなかれ。ビヨンセやミランダ・カーなど多くの海外セレブ達が実践するダイエットとして知られています。

作り方はとても簡単で、普段飲むお水にレモンをプラスするだけ。たったこれだけでダイエット効果があるの?と疑いたくもなりますが、レモンに含まれる成分の働きが分かると納得できるはずです。ダイエットはもちろん、健康的な体づくりをしたい人も、ぜひレモン水ダイエットを摂りいれてみましょう。

レモン水ダイエット8つの効果

レモン水ダイエットには少し驚いてしまうくらいに様々な素晴らしいダイエット効果が期待できます。

腸での脂肪吸収を抑制してくれる?

ダイエット中だって脂肪を完全にカットすることは難しいし、時々は高脂肪の食事をすることもありますよね。脂肪を必要以上に摂り過ぎると、余分な脂肪は身体に蓄えられてしまいます。血液中にも脂肪やコレステロールが増えてドロドロ血になり動脈効果の原因にもなるといわれています。

食事に含まれる脂肪にはレモンに含まれるポリフェノールがダイエット効果を発揮するそうです。
レモンポリフェノールと呼ばれているエリオシトリンという成分には、腸での脂肪吸収を抑制する働きがあります。ラットによる実験では血中コレステロール値の低下が確認されているとのこと。

高脂肪食の時にはレモン水を食事と一緒に、あるいは食後すぐに飲むとレモンポリフェノールの効果を得ることができそうですね!予断ですが、叶姉妹はお肉を食べる時には必ずレモン水を飲むそうですよ。

肝臓での脂肪の代謝を高めてくれる?

ダイエットで大切なことは、代謝をよくすること。そのためには運動が大切ですが、「毎日運動なんてできない…」とお悩みの方も多いはずです。そのような方は、ぜひ毎日の生活にレモン水を摂りいれてみましょう。レモンに含まれるクエン酸のおかげえ、普通のお水を飲むよりもずっと代謝をよくしてくれますよ。

代謝が悪くなると、痩せにくくなるのはもちろんのこと、体に老廃物が溜まりやすくもなってきます。レモン水には、消化器を掃除し、体の老廃物を排出する働きがあります。他のフルーツと比べてデトックス効果が高く、スーパーデトックスウォーターとも称されるレモン水。毎日飲み続けて、代謝アップ&スッキリボディーを目指しましょう!

血流アップで代謝アップも?

クエン酸の血液サラサラ効果に加えてレモンのポリフェノール、エリオシトリンには血管を広げてくれる作用があるといわれています。

血流が悪くなると酸素や栄養を身体の必要な部分に届けられないだけじゃなく、老廃物や有害物質をうまく排出できなくなります。このことが代謝をさらに悪くします。排出できない水分はむくみとなり、中性脂肪は脂肪として蓄積されてしまいます。むくみが冷えを招き代謝が悪くなり、体についた脂肪が燃焼されにくくなるという悪いサイクルにはまってしまうのです。

そんな負のスパイラルから抜け出させてくれる強い味方こそが、レモン水です。レモンの2つの成分、クエン酸とポリフェノールの相乗効果によって血流がアップすることで代謝がよくなり、老廃物が排出されてむくみの解消も期待できます。レモン水ひとつで、問題が一気に解決されていくのは、とても魅力的ですよね!

糖からエネルギーをどんどん作る

代謝が落ちるとエネルギーがうまく作り出せない状態になります。代謝が悪くなれば、疲れが溜まったり、脂肪が蓄積しやすくなって太りやすくなります。このような状態は、加齢やストレス、不規則な生活などによって引き起こされます。

エネルギーをどんどん作り出せる代謝のいい体であれば、同じだけ食べても太りません。

レモンの酸っぱい成分クエン酸の継続的な摂取によって、糖からエネルギーを作り出す「クエン酸サイクル(TCA回路)」を活性化することができ効率的にエネルギーに変換できます。

食事から摂った糖をどんどんエネルギーに変えて糖を使い果たしたら体脂肪を分解して燃やします。食事に気をつけながらレモン水を飲むことでダイエットを成功に導いてくれるかもしれません。

血糖値を急上昇させないことで太りにくくする

太るメカニズムを知る上で最も重要と言えるのが血糖値です。食事によって糖質を含む食べ物(炭水化物に多く含まれます)を食べると血液中の血糖値が上がります。血糖値が高くなると、糖をエネルギーに替えるためにインスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは糖をエネルギーにするために細胞に運ぶ作用がありますが、血液中に使い切れない糖があると脂肪細胞に溜め込んでしまうそうです。血糖値が高い間インスリンは働き続け、余った糖が多ければ多いほど脂肪細胞に多く溜め込んでしまい太ってしまう可能性があります。血糖値が高い状態は太りやすい状態なのです。

実はレモンには、血糖値をコントロールする力もあるのはご存じでしたか?ペクチンと呼ばれる水溶性の食物繊維がレモンには含まれていて、糖を包み込んで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれるそうです。代謝や血流をよくするだけに留まらず、血糖値の上昇も抑える働きがあるとは、レモンの力は侮れませんね!

腸内環境を整えて便秘を解消する効果も?

太っている人の腸内には善玉菌が少なく、悪玉菌が多いそうです。
便秘をしている人の腸内に溜まった便は悪玉菌のエサとなり、ますます便秘を悪化させてしまいます。
腸内環境が悪いと老廃物や有毒物質を排出することができず、肌荒れや病気の原因となる恐れがあるほか、腸壁から吸収された有害物質を解毒するために代謝酵素が使われるため、エネルギー代謝がうまくいかずダイエットが成功しにくくなります。

一方、善玉菌は腸の蠕動運動を促す働きがあるそうです。さらに、栄養分を分解する時に腸内細菌が「短鎖脂肪酸」という有機酸を出すのですが、これが太りにくい体作りにも大きく関係しています。というのも、短鎖脂肪酸には、体内に余計な脂肪が取り込められないようにストップをかける働きがあり、しかも脂肪を燃焼する効果もあるからです。

善玉菌は便秘解消のために必要なもの、という印象が強いですが、実は脂肪燃焼をしやすい体作りにも役だっていたんですね!レモンの食物繊維ペクチンは、善玉菌のエサになります。善玉菌が元気になれば蠕動運動を促進して排出を助けてくれたり、余分な脂肪の取り込みをしないようにしてくれるようです。
またペクチンは水溶性食物繊維で、水分を吸収して便をスムーズに運ばれるようにする働きもあります。

レモン水ダイエットで、食物繊維ペクチンが腸内環境を改善し、あなたの便秘解消をサポートしてくれるかもしれません。

満腹感を持続させる

満腹感に関わっているのは血糖値です。食べてもすぐにお腹が空いてしまうという方は、血糖値の上昇、下降が急な可能性があります。レモンには血糖値のバランスを保つ効果も期待されているので、なかなか満腹感を得られないという方は、普段の食事にレモン水を摂りいれると変化が現れるかもしれませんね。

レモンに含まれるペクチンには、血糖値の上昇をゆるやかにする働きがあ血糖値があるため、ダイエット時に一番辛い空腹感のリスクを下げることが期待されています。

また、血糖値の落差を抑える以外にも、ペクチンには胃の中に残る時間を伸ばすことで、満腹感を長くする効果もあります。よく、満腹感が出るには「最低30回は噛んでから食べるように!」など言われていますが、毎回30回噛み続ける生活は意外と面倒くさいものです。

それに比べてレモン水は簡単かつ効率的なのでおススメです。レモン水を飲み続ければ、満腹感がすぐ得られるようになってきて、3時のおやつや食後のデザートも自然と欲しくなくなるかもしれませんね!

ストレス解消効果がある

ダイエット中は自由に食べられないだけでストレスですよね。ストレスを溜めているとドカ食いしてしまったりしてせっかくの努力が台無しになってしまうかも。そんな時にはレモン水を飲みながら香りも楽しんでみてください。

レモンの香り成分のシトラールとリモネンにはリラックス効果があり、ストレス解消につながります。効果を最大に発揮するには、運動と一緒に摂りいれるのがいいそうなので、例えばジョギングをする時に、レモン水を一緒に持ち運ぶと効果が上がりそうですね。

レモンのストレス解消効果は香りだけではありません。レモンにはビタミンCも豊富ですが、ストレスを和らげるホルモンの合成をサポートするそうで、レモンの摂取によりストレスに対する抵抗力が高まる効果も期待できるそうです。

さらに、記憶力や集中力もアップさせる働きがあるとも言われているので、仕事の間に飲むのも仕事の効率が上がってストレスの軽減にもつながるはずです。

体内時計をリセットして痩せやすい体質へ

体内時計は、わたし達人間や地球上の生物がみんな持っている、昼夜の変化に適応するための体のしくみのひとつです。時差ボケで体調が悪くなったりするのは体内時計が狂ったから。体内時計の乱れは、糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクを高めることや、体重が増加し易いことがわかっています。

起床時間を一定にすることや、朝太陽の明るい光をしっかり浴びることで体内時計の乱れを解消することができるのですが、レモンにも体内時計をリセットする作用があることがわかったそうです。

当社中央研究所(愛知県北名古屋市)では、これまでレモンが持つ様々な機能性について研究を進めてきました。この度、早稲田大学先進理工学部・柴田重信教授との共同研究により、レモンの香り成分やレモン果汁を摂取することで、様々な生命活動の調節に関与している時計遺伝子の発現を高めることを明らかにしました。

出典: www.pokkasapporo-fb.jp

体内時計をリセットするには、レモンの香り成分リモネンとレモン果汁を両方摂るのが効果的です。朝のレモン水ダイエットなら酸っぱさで目も覚めてシャキッと爽やかな朝になりそうですね。

レモン水ダイエットは美容や健康にもGOOD!

レモン水はダイエットだけじゃなく、美容や健康にもいいことがいっぱいあります。

美肌・美白に導いてくれる

レモンの成分が美白のプルプル肌に導いてくれます。

レモンはビタミンCを豊富に含んでいます。レモン1個で1日のビタミンC必要量である100mgを補給できるほどです。ビタミンCには強い抗酸化力があり、お肌の老化を防いでくれます。紫外線の刺激でシミやくすみの元になるメラニンを抑制する効果もあり、それが肌の美白につながります。

ビタミンCはハリのあるお肌に重要なコラーゲンが体内で合成される時に必要な成分でもあります。プルプルお肌にはビタミンCが欠かせないのです。レモン水ダイエットなら、ダイエットをするのと同時にシミ、しわ、たるみを防いで若々しい美肌づくりに貢献してくれるのです。

免疫力をアップする

レモンを積極的に摂取すると免疫力がアップし、風邪などの病気予防になるのは有名な話ですね。

レモンに豊富なビタミンCには、白血球を元気にする作用があるだけじゃなく、ビタミンC自体も体外から侵入してきた細菌やウィルスと戦ってくれます。ビタミンCは、発ガン物質と言われるニトロアミンの生成を抑制する作用があり、がん予防効果も期待されています。

また、柑橘系の不溶性食物繊維、ペクチンの研究では、免疫細胞を活性化することを示唆する結果が出ています。レモン水ダイエットの効果として腸内環境の改善がありますが、このことも免疫アップにつながると言われています。

お口にもいい効果

なんとレモン水ダイエットはお口の健康にもいい効果をもたらしてくれるそうですよ。

酸っぱいものを食べると唾液が出ます。レモンの酸味であるクエン酸は唾液の分泌を促します。唾液には殺菌力があるので食べかすが腐敗するのを防ぎ細菌が増えるのも防ぎます。虫歯や歯肉炎の予防になるわけです。このことによって口の中を消臭する効果があり、口臭予防にもなるとのこと。

レモン水に含まれるビタミンCは口内炎を予防し、悪化を防ぎます。またビタミンCが不足すると歯茎から出血しやすくなるそうです。

レモン水の作り方

早速レモンを買いに行きたくなってきた人もいるかもしれませんね。ここからはレモン水ダイエットの実践方法についてご紹介していきます。まずはレモン水の作り方から。

作り方

1.まず、天然水を冷やしておきましょう。水の種類は好きなもので大丈夫です。
2.レモン1/2個を用意します。(出来れば無農薬のものを選びましょう)
3.お水200mlにレモンを好みの量だけ絞って飲みます。

レモンがない場合は、ポッカレモンなどのレモン果汁でもいいです。あとは、お水に塩素が含まれているとビタミンCが減ってしまうので、浄水器を通すかミネラルウォーターにしましょう。

レモンの絞り方

レモンの果汁は絞り方で量も美味しさも変化します。美味しいジュースをたっぷり絞る方法をご紹介します。

1.レモンを切る前に少しだけ体重をかけて軽く押しながら30秒ほどコロコロと転がします。これによってギュッとくっついていたレモンの繊維が離れて果汁が取り出しやすい状態になります。
2.レモンを横に切らずに縦に切ります。切る方向を変えるだけで絞れる果汁の量が倍違います。
3.レモンを絞る時に、切り口を上にして皮の表面を果汁が流れるように絞ると香りがよくなります。

瓶入りレモン果汁で作る

フレッシュなレモンを絞るのがベストですが、レモンの買い忘れなどの時用に瓶入りのレモン果汁を用意しておくと便利です。100%のレモン果汁を購入してくださいね。

瓶入り果汁でレモン水を作る場合は、200ccの水に対して50ccのレモン果汁を混ぜます。

レモン水ダイエットのやり方(1)食事と一緒に

レモン水は、例えば焼肉、ステーキ、ピザなどの高脂肪でカロリーが高めの食事の時に一緒に飲むと、脂肪の吸収を抑えてくれます。飲むタイミングは、食事中、食後どちらでも構いません。ただ、レモンの酸は強いので胃の調子が悪くなったりした場合は飲む量を減らすなどしてください。

酸っぱくて飲みづらい場合は少量のオリゴ糖かハチミツを加えてもOKですが、できるだけお水とレモンだけで飲みたいところ。

レモン水ダイエットのやり方(2)朝のホットレモン水

デトックス効果を得るには、ミランダ・カーさんがやっていたように朝ホットでレモン水を飲むのがお勧めです。

1.200ccのお水とレモンを1/2個を用意します。
2.お水を温めます。酵素をしっかり摂りたいので、お湯の温度は熱々ではなく48度までにしましょう。電子レンジのお好み温度機能を利用すると簡単です。
3.レモンを絞って加えればホットレモン水完成!

ゆっくり時間をかけて飲みましょう。

レモン水ダイエットのまとめ

セレブも実践するレモン水ダイエットの効果とやり方についてご紹介しました。

様々なダイエット効果にプラスして美容や健康にもいい影響を与えるレモン水ダイエット。いつでも手に入る身近なフルーツでヘルシーなダイエットにチャレンジしてみてはいかがですか?