モデル体型になりたいと考えている人は少なくないです。モデル体型を手に入れるためには「自分がモデル体型かどうか」を計算する必要があります。モデル体型の計算式を知った上で、モデル体型になる努力をしましょう。モデル体型を手に入れる為に大切なことや筋トレ方法などを紹介します。

モデル体型を目指すためには自分の体型を把握する必要がある!

自分はモデル体型なのかを判断するためには!?

今までに、モデル体型になりたいを思ったことはありますか?多くの女性は「モデルのようなスラッと綺麗な体型を手に入れたい」という願望を持っています。「太って醜い体型になりたい」と考える人はいないのです。モデルのような綺麗な体型を手に入れるためには「モデル体型」がどんなものなのかを把握する必要があります。モデルの体重を参考にしてダイエットをする人もいます。

しかし、実際は自分の身長にあった体型を手に入れる必要があるのです。モデル体型を手に入れたいと思った時には「自分が今モデル体型に近いのか」を把握してください。そのためには「モデル体型の計算」を把握する必要もあります。モデル体型の計算方法をした上で、自分がモデル体型になる為にはどのくらいダイエットをする必要があるのかを明確にしましょう。

その上で、モデル体型を手に入れる方法を参考にすることが大切です。ただ、モデル体型になりたいと考えるだけではなく自分なりに精一杯努力が出来るといいです。モデル体型がどんなものなのかを把握して、自分の体型に自信が持てるようにしましょう。体型にコンプレックスを感じることで、自分に自信がなくなることも考えられます。

自分に自信がなくなって、魅力を失わないようにしっかりと「自分の理想」を明確にしてください。また、ダイエットを行う際には「辛い」「辞めたい」と思うこともあります。この気持ちに負けずにモデル体型になりたいという強い気持ちを持つことを忘れないでください。

モデル体型の計算式は?自分のモデル体型診断をしよう!

モデル体型の計算式は身長が分れば計算できる!

モデル体型を目指す前に、自分の今の身長に合った体型を明確にする必要はあります。モデル体型を目指す人の多くが「体重」を気にします。しかし、どれだけ体重が少なくても見た目がモデル体型になっていなければ意味がないのです。人によっては体重を気にしすぎて「不健康そう」な印象の体型になることもあります。そうならないように各部分のサイズを明確にしましょう。

モデル体型の各部分のサイズが身長から計算することが出来ます。自分の身体のサイズと比較をして「何が足りないのか」「どこの脂肪が余分なのか」を考えてください。これが出来ずに、ただダイエットをしてもモデル体型は手に入れられないといっても過言ではありません。部分別のモデル体型の計算式は以下です。

・バストサイズ:身長×0.52
・ウエストサイズ:身長×0.38
・ヒップサイズ:身長×0.53
・太ももサイズ:身長×0.29
・ふくらはぎサイズ:身長×0.20
・足首サイズ:身長×0.118

です。このモデル体型の計算式を参考にして、自分の身長にあった理想的なサイズを明確にしましょう。計算式は比較的簡単なので、自分の身長が分っていれば誰にでもモデル体型を知ることが出来ます。この方法で自分はモデル体型かどうかを診断してみてください。

モデル体型はBMIからでも判断できる!?

自分のBMIを知って今の体型が何体型なのかを知ろう!

自分の身長と体重からBMIというものを計算することが出来ます。BMIはBody Mass Index(脂肪指数)の略です。これは、自分の身長と体重を活用して計算する「肥満度チェック」です。国際的な指標なので世界でも通用する数値として、多くの人に知られています。
BMIは「体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))で計算できます。

低体重=18.5未満
標準体重=18.5~24まで
肥満1=25以上
肥満2=30~35未満

BMI=22は、最も病気にかかりにくいと言われる数値で、健康的な理想体重を求めるうえでの数値となります。

反対にBMI値が30を超えると死亡率がアップするという報告があるため注意が必要です。BMI値と生活習慣病には深い関わりがあります。モデル体型のBMI値は15から18です。数値によってイメージが違うので、しっかりと把握しておきましょう。

・BMI値が14.9以下:危険!痩せすぎ
・BMI値が15.0~16.9:痩せている
・BMI値が17.0~18.9:モデル体型
・BMI値が19.0~20.9:少しぽっちゃり
・BMI値が21.0以上:ぽっちゃり

自分が理想とする体重を知る計算式とは…

自分の体型は「普通体型」「モデル体型」「スーパーモデル体型」「美容体型」に分けることが出来ます。この時の基準は「自分の身長と体重」です。自分がどんな体型になりたいのかを明確にした上で、モデル体型になる為にはどのくらいのダイエットが必要なのかを明確にしてください。それぞれの体重の計算式は以下です。

・標準体型:身長(m)×身長(m)×22.2
・美容体型:身長(m)×身長(m)×20
・モデル体型:身長(m)×身長(m)×18.7
・スーパーモデル体型:身長(m)×身長(m)×17.9

この式では、身長単位は「m」で計算します。そのため自分の身長が155cmである時には1.55とmに変換して計算をしてください。

モデル体型を手に入れる為に大切な5つのポイント

腹七分目までしか食べない

モデル体型を目指している人の多くが「食べたいものを我慢する」食生活を送ります。この状態では、自分に過剰なストレスを与えます。その結果、身体の調子が乱れてスムーズにモデル体型を目指すことが出来ないのです。そうならないように「腹七分目」までを意識して食事を行うようにしましょう。この方法は、実際に多くのモデルが実践している方法です。

腹七分目に出来るのであれば、基本的に何を食べても問題はありません。甘いものは太るというイメージを持っている人もいます。このときに、腹七分目を意識すれば「ケーキ」や「クッキー」などの甘いものも我慢する必要はないのです。腹七分目にすることで、摂取カロリーを減らす効果があります。その結果無理なくモデル体型を目指すことが出来るのです。

辛いからと言って諦めない

ダイエットをしていると、メンタルに影響がでやすくなるために、ストレスを感じることが多くなります。この時に多くの人は「辛い」という気持ちを抱えるのです。また、ダイエットしたからといってスムーズに体重が落ちるわけではありません。「頑張ってるのに体重が落ちない」となると挫折をする人が増えるのです。このときに「辛い」気持ちを優先させて挫折をすれば意味がありません。

モデル体型を目指すためには「辛い時こそ頑張る」気持ちが大切なのです。「絶対にモデル体型を手に入れる」という強い気持ちを持ちましょう。また、運動をしていても「辛い」と感じることがあります。この時には、「辛い時には効果がある」ともうひと頑張りすることが大切です。これが出来ないとモデル体型を目指すのは難しいといっても過言ではありません。

水をたくさん飲む

皆さんは毎日どのくらいの水を飲んでいますか?モデル体型を目指す為に大切なこととして「水をたくさん飲む」ことが挙げられます。たくさん飲むといっても「1日どのくらいの量を摂取するべきか」という疑問を抱える人は少なくないです。理想的な量としては「1日2L」です。意外と多くの人がこの量を毎日飲めていないのです。また特に寒い季節は摂取量が少ないです。

水をたくさん飲むことで「血液の流れを良くする」効果があります。そのため、身体の中に溜まっている老廃物を外に排出することが出来ます。また、血行が良くなることで全身の代謝が良くなります。その結果、自分の身体の中にある脂肪を燃焼しやすくする効果もあります。

それだけではなく、便通を良くする効果もあります。このような効果によって巡りがよく溜めないカラダになり、自然とダイエットにも良い効果が得られるようになるのです。そのため、最低でも1日2Lの水を飲んでください。この時に身体が冷えないように常温か温かいものにする必要があります。

自分はダイエットしていると思わない

ダイエットをしていると考えることで「あれもだめ」「これもだめ」と太る原因になりそうなものを遠ざける傾向があります。この状態では、自分に過剰なストレスを与える可能性がある事を忘れないでください。モデル体型を目指す為に、必要以上に辛い気持ちを抱える必要はありません。自分の気持ちを楽にしてあげることが大切なのです。

そのため「ダイエットをしているから食べない」のではなく「今はそれほどお腹が空いていないから食べる必要がない」と考えるようにしましょう。これが出来るようになると「口が寂しい」「間食がしたい」という気持ちを消すことが出来るのです。「今食べる必要があるのか」を軽く考えてから間食をするようにしましょう。どうしても食べたい時には我慢をしないことが大切です。

健康にいいことを考える

モデル体型を目指す時には「身体の健康情報」に敏感になることも大切です。自分から積極的に「健康的な生活」を取り入れる努力をしましょう。近年ではネット社会になっているためテレビでも健康に関する情報を手に入れることが出来ます。自分で情報収集をして、「自分が出来そうなもの」を生活に取り入れてください。この時に無理だと思うものを取り入れる必要はありません。

これを習慣にすることで、より健康的に楽しくダイエットが出来ます。また、ダイエットをして体重を減らしても健康でなければ意味がない事を忘れないでください。また、一度生活の中に取り入れてみて「自分には合わない」と感じた時には無理をして続ける必要はありません。楽しくできる健康方法を見つけることが大切なのです。

モデル体型を手に入れる筋トレ方法3選!

ポッコリお腹を撃退するエクササイズ

モデル体型を手に入れるためには「ポッコリお腹」を解消する必要があります。どれだけ、体重が少なかったとしても、お腹が出ていれば「モデル体型」のようなスラッとした印象を持たれることはないのです。モデル体型を手に入れる筋トレとして以下の方法を行ってみてください。

1、体育座りをして両手を後ろに置きます。この時に指先がお尻側に向くようにしてください。肘は曲げずに伸ばしておくことがポイントです。自分のお腹を見るようなイメージで背中は丸めておいてください。

2、1の姿勢を維持しながら右ひざとおでこを近づけます。この姿勢を3秒程度キープしてください。この時も1の時の背中をまるめた状態をキープすることが大切です。つま先は自然な形で無理のないようにしてください。

3、次に同じような感じで左ひざをおでこに近づけて3秒間キープをします。この流れを1セットとして1日5セット程度おこなうことが大切です。

ぷよぷよの二の腕を解消するエクササイズ

モデル体型を目指す筋トレとして「二の腕」を引き締めることも大切です。ぷよぷよになった二の腕を解消させるのは簡単ではありません。毎日しっかりと筋トレを続けることが大切なのです。二の腕のぷよぷよを解消させるエクササイズ方法は以下です。このエクササイズはタオルが必要です。

1、タオルが背中の中央で垂直になるように注意をして、右腕を上に伸ばしてください。この時に左手でもタオルの反対側の端を持ってください。思いっきり上下に引き合うようにすることがポイントです。この状態を3秒程度キープします。

2、1の状態からまず足を肩幅に広げます。この時に選ぶタオルは伸縮性が少ないものにしてください。また、右腕は頭のてっぺんに左腕は腰のあたりに来るようにすることが大切です。

3、2の状態から左腕をお尻のあたりまで下げます。この時に右腕は首の後ろあたりになることがポイントです。この1から3のポーズを1セットとして1日5回程度行うようにしてください。

ほっそりとしたふくらはぎを手に入れるエクササイズ

ふくらはぎは自分の足をスラッと見せるために重要な部分でもあります。自分のふくらはぎを細くしようとしてもなかなか細くならないのです。また、ダイエットの為にジョギングなどを行うことでダイエット前よりも太くなったという人もいます。ふくらはぎをほっそりとさせるエクササイズを参考にして、モデル体型に少しでも近づけるようにしましょう。

1、仰向けになって両方のつま先を外側に向けます。これがエクササイズのスタートの姿勢です。

2、つま先を外に向けたまま、対角線に片足をあげます。右足であれば斜め左の方向、左足であれば斜め右の方向です。

3、ゆっくりとあげていた方の足を地面に降ろします。この2と3の動作を毎日10回程度行うことが大切です。これを両足行うようにしてください。

モデル体型ダイエット塾って何!?

モデル体型ダイエット塾とは…

モデル体型ダイエット塾という言葉を耳にしたことがありますか?これはセミナーを受講することでモデル体型を目指すサポートをしてくれるものです。通学してセミナーを受講するだけではなく、通信で簡単に受講することも出来るので、多くの人が気軽な気持ちで行うことが出来ます。また、無料のメールセミナーを受講しただけで20kg落とすことが出来た人もいるようです。

また、セミナーを受講することで、ブログでダイエット方法などを閲覧することが出来ます。ただ、なかには「メールだけでは不安」と感じる人もいるかと思います。このような人は、いきなりモデル体型ダイエット塾を受講するのではなく、多くの人の口コミを参考にしてみてください。自分に合っているものかどうかをしっかりと見極めることが大切です。

無料で閲覧できるモデル体型ダイエット塾のサイトもあるので、気になった人は是非参考にしてみてください。モデル体型を手に入れるために必要なことがたくさん書かれています。無料で試せるものであれば、比較的多くの人が気軽に行えるダイエット方法かと思います。

モデル体型は努力をすれば誰にでも手に入れられる!

このようにモデル体型はさまざまな計算式によって自分に合ったものを考えることが出来ます。中には理想のモデルの体型を参考にしている人もいます。しかし、人によって理想的なモデル体型は異なる事を忘れないでください。この時には「体重を落とす」事を目的にするのではなく「身体を引き締める」事を考える必要もあります。体重を落とすだけではモデル体型とは言えないのです。

自分が理想としているモデル体型になる為には、正確な数字を知る必要があります。ただ、体重を落として「不健康な体型」だと思われないように注意をしてください。体重を必要以上に落とすことで身体にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。そうならないように「健康」と「美容」を意識したダイエットをする必要がある事を忘れないでください。